2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

其処に何かあるでしょう?

1 ::01/12/03 18:42
引っ掛かる何かを話してみる気はない?
何でも良いよ。

2 :さすらいの猫:01/12/03 19:00
この前、金髪男にナンパされてる子を見た
男は「一緒に政治について語り合わな〜い?」と言っていた。

テメ〜に政治の何が判る!と言ってやりたかったが、やめておいた。
私はナンパのターゲットからはずされていたからだ

3 :夢見る名無しさん:01/12/03 21:43


4 :n ◆ay5jMEQI :01/12/12 00:47
やぁ

5 :n ◆ay5jMEQI :01/12/12 00:50
ホットケーキが食べたい。

6 :n ◆ay5jMEQI :01/12/12 00:51
最近、食べてばっかりだな。

7 :n ◆ay5jMEQI :01/12/12 00:52
でも、太らないなぁ。すまん、ダイエットの人たち。

8 :n ◆ay5jMEQI :01/12/12 00:54
寝ようかなぁ。じゃあね。邪魔したね。

9 :小紋:01/12/14 12:02
>>1-8
このスレッドください。

10 :小紋:01/12/14 12:04
はなののののはな はなのななあに (花野の野の花 花の名なあに)
なずななのはな なもないのばな なずな (菜の花 名もない野花)
                        ──谷川俊太郎

谷川俊太郎は、自分に言葉を引きつけるのではなく
自分が言葉の中に歩みよるということを実践した結果、
この詩を作ったと言う。

彼は言葉によって自分を表現するのでなく、
言葉の可能性を模索したのだとか。

言葉の遊びは古来、
共同体の中で行われるのが常であった。
詩人のような孤独な営みではなく、
仲間同士でその場かぎりに楽しむものであった。
歌合わせや連歌、俳諧を行うには必ず仲間がいた。(佐藤 徹)

それはつまり、
難解性を極めて複雑な言葉で自分を表現するのは、
至高の作品を生む傍ら自己満足に過ぎない作品を大量に生み出して、
読者を離れさせたとかで。
平易な言葉で他人に伝わる言葉を目指した。

それっていうのは文字をメディアとするネットの世界で、
というか英語を共通語にせざるを得ないよな世の中でも、
もっと考慮される姿勢なのかもしれないと思いました。

11 :小紋:01/12/14 12:07
女子高生がプリクラやカメラでやたら写真を撮る事を指して、
「物語ゲーム」と称した人がいた。

「物語」とは起承転結があること。
実際には生まれて物心ついて世界を認識した時点で
既に始まっていたわけだから、
物語とは即ち「結」にその意義があるらしい。

で、写真はその「結」を与える道具だという。
果てしなく続く現実をぶった切って「結」を与える。

つまりプリクラ等が流行る背景には、
相も変わらず続いてく現実の中でヴォケーっとしてると、
昨日が一昨日だったか一ヶ月前か、
一年前だか分からなくなってしまうよな毎日の中で、
何とか「結ぶ」ことでそれを明確化しようとする意識が働いている、
みたいな。
なるほど、フに落ちた。
それは妥当な事かも。

そして、それのためにスレッドを頂きました。
日々頭に浮かんでは消えていく雑感はいつも同じ事、若しくは違う事。
今日が明日みたいな生活に抗しようと、
そんなことを書き込んでいこうと思います。

12 :小紋:01/12/16 23:59
「僕の理論では才能がある人ほど、それを表に出すのは難しい」
アーティスト、KANは言う。
それは理屈付けて妥当だと思う。

言葉で言えば「あいうえお・・」、音楽で言えばドレミ・・。
それが既存している表現手段の制約だとして、
そこに漏れるほどの強烈無比な個性があったとしたら、
それはどのような形を取って世界に表出するんだろう。

無理に言葉にトレースすれば陳腐になれはてる。
ありのままを通せば難解を極め、凡そ誰にも理解されなくなる。

そういう風に考えていくと、
まさに陳腐に見えるものこそ個性が眠っているかも知れず。
個性的と思うものも、実態はどうなのかと思い。

つまりは個性的な人間が求められている、なんてフレーズに
何を焦っているいるのかとも思います。

13 :小紋:01/12/17 11:54
「僕は今どこにいるのだ? でもそこがどこなのか僕にはわからなかった」

中学時代は、学校がひけたらいつものように誰かの家に溜まった。
そして止め処無く長い、こま切れの雑談が続いた。
そんな時は完全に時間を忘れた。
1日が24時間で、夜は寝なければならず朝は起きなければならない、
ってそんな制約が歯痒い程に話し足りなかった。
それはきっと幸せな事だったと思う。

でも、やがてみんな離れていく。
新しい環境で新しい事を始める。
僕は新しい生活に今ひとつ馴染めずにいる。

そんなとき、僕は何ナノだと思わずにはいられなかった。
「自分とは何か」なんて陳腐な疑問は皆で嘲笑ってた筈なのに。
自分は何をしてるんだろうと思った。

「ノルウェイの森」は全編、
あまり好きな話ではないのだけど、
最後の一部分、
主人公がコンフューズするシーンだけは実存的に読む事が出来た。
「他人が居なければ自分すらその存在を失ってしまう」ってこと。

間違い無く、僕は二度と戻れない素晴らしい日々にいた。
それはそのとき初めてわかったことだった。

14 :小紋:01/12/18 00:35
「陽気な女であるために 馬鹿ね すべて捨ててしまって」

学生時代は騒ぐ人間が殊の他嫌いで、
ましてや煩い女性群を見るにつけウンザリと舌打ちをしていた。
何かを考える事に忙しくて、それは徐々に僕を観念的にしていった。
周りを考える事をしない人間だと決めつけて嫌っていた。

それは、鑑みればわかってたことなんだけど、
単なる嫉妬以外の何ものでもなかったわけで。

前向き、ポジティブ、快活・・
僕が到底得られなかったようなそれらを
皆は無理矢理騒ぐ事で得ていたことに気付くのは
遅れに遅れて高校卒業後。

しかも皆、裏ではそれなりに考えているから、
それはまさに僕を落ち込ませた。
井戸の中で蛙と化して、僕は何をしていたのかと反芻する。

今、街中で騒ぐ高校生を見ると、まず嫉妬が先走り、
後にこの世界を明るく生きる困難さを思い、
それでも生きてくってことの健気さを思う。

ACOの歌詞の中の一節に、そんなことを思った。
そのことを気に病む人がいるなら言ってあげたい。
それは良いことだ、と。

15 :小紋:01/12/18 23:58
問:空白に「人間」或いは「人間的」のどちらかを入れ文章を完成すれ。

「( 1 )が変われば( 2 )の意味も無限に変化し、
例えばこれでも( 3 )なのかという
( 4 )離れした( 5 )が現れて、
それでも彼が( 6 )だというなら
彼のする事は( 7 )であると言わねばならない。」

16 :小紋:01/12/19 00:06
「人間が変われば人間的の意味も無限に変化し、
例えばこれでも人間なのかという人間離れした人間が現れて、
それでも彼が人間だというなら彼のする事は人間的であると
言わねばならない。」

新しい事を覚えるのが好きで、
つまりそのせいでちょこちょこと勉強していたわけだけど。
それなりにテストで点数を取るとよく言われた事が
「あいつ人間じゃねえ」

カリカリしていた10代はそんな言葉にも苛立ちを隠せなかった。
僕はれっきと人間であった筈で、そんな事を言われる筋合いはなくて。

それはそうと、辻褄合わせのように周りに同調していくなんて、
なんて悲しい、時間の無駄と神経の浪費なんだろうと思う。

そんなことをしてなきゃならなかった閉鎖的空間に。

彼は人間であるのだから、例え誰が何と言おうと
僕のやる事は世界に認められる筈で、
世界はそれを認める義務があるんだと思います。

17 :小紋:01/12/20 10:57
「戦うな、感じるだけでいい」

10年前にプライマルスクリームのギレスビーは、
「Don't fight it, feel it」って
まさにそのままの曲でそれを体現していた。

それから10年経った今はどうなんだろう。

コミュニケーション社会。カラオケ。飲み会。
ダンスカルチャーが隆盛を極めて、
パンクのライブでは暴れまくり。

「文明の衝突」とかハミルントンが言ってる間に
北朝鮮はミサイルを射ち、チェチェンでは独立紛争、
しまいに飛行機がビルに突っ込んでたり。

プライマルは「ボム・ザ・ペンタゴン」って曲を封印して、
レイジのサイトは事件を境に閉鎖状態。

感じることと戦うこと。
どっちが幸せになれんだろうと思います。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)