2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

@@@大 正 昭 和 擬 古(其の肆)###

1 :( ´∀`)さん:01/12/11 16:47 ID:NhXDH9zW
大正昭和と時代を驅け巡り昭和中期には果ててしまつた擬古という一風變はつた猫について談話しませう。
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧ ∧   < イテーヨシ
 ___( °Д°)  \_____________
(_____ノ
 UU  UU

↓らちこれ擦前↓

@@@大 正 昭 和 擬 古(其の壱)###
http://piza.2ch.net/mona/kako/989/989652852.html

@@@大 正 昭 和 擬 古(其の弐)###
http://piza2.2ch.net/mona/kako/992/992207339.html

@@@大 正 昭 和 擬 古(其の参)###
http://piza2.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mona&key=998787799

↓旧字体にするための道具↓
http://isweb31.infoseek.co.jp/novel/qkana/

2 :( ´∀`)さん:01/12/11 16:51 ID:82M4vVsJ
大 正 昭 和 擬 古 其 ノ W

3 :( ´∀`)さん:01/12/11 16:53 ID:NhXDH9zW
 この擦れの雛型を数種紹介して候

∧ ∧
ミ ゚Д゚ミ∧
∩ヽ/||⌒!つ

∧ ∧
( ゚Д゚)∧
∩ヽ/||⌒!

台詞

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |             |
    ∧_∧ |―――――――〇:|
   ( ´∀`)|   ∧∧**** |
__< ! y  >|    (゚Д゚ )∧*** |
 _∧_/~~ ~ノJ   ∩ヽ/||⌒!つ* |
 |_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧     
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 台詞

4 :( ´∀`)さん:01/12/11 16:54 ID:95kcXWZx
   ___
  __|___|__ ホオ、これが新擦れでありますか
  (_´∀`)∩ お疲れ様で御座います >>1
  <  <V> ノ
   |___:_|
   (__)_)

5 :( ´∀`)さん:01/12/11 16:56 ID:NhXDH9zW
広辞苑より

し【肆】
〓ならべること。品物を並べた店。みせ。「書―」
〓(「恣」に通用) ほしいままにすること。「放―」
〓数の名。「四」の大字。「金―阡円也」

∧ ∧ 我は前擦れを読見し時、この「肆」の意味を
( ゚Д゚)∧   知らなかつた…
∩ヽ/||⌒!

6 :( ´∀`)さん:01/12/11 16:58 ID:NhXDH9zW
 先生、今日は藝術の秋といふことで、
 簡素な雛型にて候

 台詞
 ―――ヽ――――――――――――――
            台詞
      ――――――y――――――――――――

       | |           |
    ∧_∧ |―― ∧∧ ― 〇|
   ( ;´∀`)|    (゚Д゚,,)    .|
__< ! y  >|    (ノつ|⌒|⌒|
 _∧_/~~ ~ノJ   (  ノつ)| ̄ ̄ ̄|
 |_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

7 :( ´∀`)さん:01/12/11 17:13 ID:/2Cu3wO9
 先生、まう冬ですね。
 ―――ヽ――――――――――――――
        札幌は大雪だと云うではないか
      ――――――y――――――――――――

       | |           |
    ∧_∧ |―― ∧∧ ― 〇|
   ( ´∀`)|    (゚Д゚,,)     |
__< ! y  >|    (ノつ|⌒|⌒|
 _∧_/~~ ~ノJ   (  ノつ)| ̄ ̄ ̄|
 |_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

8 :( °Д°):01/12/11 18:24 ID:dFPeYBdW

 (科白)

 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ┃
   Λ_Λ      。   Λ Λ        ┃
  ( ´∀`)      ||   (゚Д゚,,)        ┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐ < y  >       ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________Λ___

  (科白)


及ばず乍ら、冬用雛型として供出致し候。
若し御気に召さば、御談話等に御使ひ頂き度く、
先ずは一筆新スレツドの御祝ひ迄。

9 :( °Д°):01/12/11 18:32 ID:dFPeYBdW

 先生、すつかり冷え込みが厳しくなりましたね

 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ┃
   Λ_Λ      。   Λ Λ        ┃
  ( ´∀`)      ||   (゚Д゚,,)        ┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐c「 y  >     ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________Λ___

 火鉢にでもあたつて行きなさい

10 :( ´∀`)さん:01/12/11 19:49 ID:2llxQr0o
IE6で読むとフォント種の違いがよく出るのー
∧ ∧
( ゚Д゚)∧
∩ヽ/||⌒!

11 :( ´∀`)さん:01/12/12 02:05 ID:HUflycu3
をゝだうした、其の格好は?
 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,,,,,,,,,,,,
  ∧∧           ミ,,,,,,,,,,,,"ミ,,
  (,, ゚Д゚)ナンキョクデモイクノカ (´∀` ";;,ミ
 〈 ]ニ[ 〉          ('''''゚|゚'''''''')
  |_|~~|_|           ミ,,,,,ミ,,,,,,,,ミ
  U U           (_(__)
__________∧__________
いえ、あんまり寒いんで一寸…

12 :( ´∀`)さん:01/12/12 02:06 ID:HUflycu3
              |全く最近の若い者はたるんどるわい
        ∧∧   O―――――――――――
        (, ゚Д゚)。O
       〈 ]ニ[ 〉
        |_|~~|_|
        U U 

13 :( ´∀`)さん:01/12/12 02:06 ID:HUflycu3
儂など下帯壱つでも平気だと云ふのに
――――――O――――――――
    ∧∧。O
  〃( ゚Д゚)o ))ゴシゴシ  彡
 ((cノ  |ノ        彡
   |~□|    彡 ヒュ〜〜〜〜
   U U   彡

14 :( ´∀`)さん:01/12/12 02:06 ID:HUflycu3
おや?先生風邪を召されたのですか
__ _________________
   ∨     .
       | |            |
    ∧_∧   /人ヽ       .| ……ヘーックショイ ゴルァ!
   ( ;´∀`)  (゚д゚*)           ∧ ∧  ___
__< | y | >  ( v。)       [二二(  #),ρ ∴∵
_∧_ /_/~ ~ノJ  (   |)       |   /ヽ ̄|└───
|_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______/|_____________
ええ、寒空の下で裸になつてたんですから…。
風邪をひいて當たり前ですよ

15 :( ´∀`)さん:01/12/12 12:04 ID:nN6AUBki
彼れの名は高野擬古太、又の名を朴擬古と言ひます。
朝鮮出身の生粹の朝鮮人であり陸軍士官學校を
優秀な成績で卒業したる帝國陸軍少尉で御座候。
シナ大陸、南方戰線で活躍し終戰間際には
少將の位にまで上り詰めた男です。
    __
    / __|__
   /__了゚Д゚>
     (| \|〆
    〜|  ̄ |
      ∪ ∪

16 :( ´∀`)さん:01/12/12 12:14 ID:nN6AUBki
      
   ∧∧
   <   >
   /  .|
 〜(__ノ
終戰後、祖國朝鮮に歸つた彼れを待つてゐたのは
悲しき現實丈だつた…
上海の亡命政府が政權を取る朝鮮
思想犯は彈壓され、日本統治下にありし秩序は
悉く無くなり、支配層に良い樣に使はるゝ現實だつた

17 :( ´∀`)さん:01/12/12 12:24 ID:nN6AUBki
           ?         ?? ∧米∧ミ
         ∧∧            ( ・д・)_∧
         <;゚д゚>            ( ★  )∀´ >ニダリ
        ノ  ノ            | | | ⊂ )
        (,,,,,,UU             (___(_) (_)
而して其のごた/\に生じて
金日成率ゐる北朝鮮の南進…
朝鮮戰爭の勃發なる。
而して當時大統領なる者は逃亡し
亞米利加軍に助けを求め、自分は亡命し樣としたればありし。
此のあまりにも情けなき祖國の有樣に
愛國心溢るゝ朴青年の心が搖らいだ事は確實であらん。
而して其の搖らぐ愛國心を亞米利加に利用せらるゝ
と言ふ自體を引き起こしてしまふのなる…

18 :( ´∀`)さん:01/12/12 12:34 ID:nN6AUBki
∧_∧   
(■―■)_θ~~
(    )
| | |
(_ )_ )
 朝鮮戰爭後
共産主義に對せる防壁とて韓國を利用し度い亞米利加
其の爲に必要なのは、現在の如き腑拔けの政權には非ずして
多少強權でも韓國の基盤を頑丈にせんが爲に
ある物を二つ利用せる事となりたる。
共産主義に對してキリスト教(統一教會)
而して國内向けの強力な愛國心
此の二つを利用して韓國の支配權を強めやうとしたる。
勿論韓國軍の軍人なる朴青年の憂國の思ひを利用して

19 :( ´∀`)さん:01/12/12 12:45 ID:nN6AUBki
     ∧∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    <,,゚Д゚>/<我が祖國、朝鮮を眞の姿に戻すべく餘は立ち上がる!!!
 _ / / /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄\
 ||\       \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||
軍事クーデターたる。
斯くて朴擬古は政權を強奪
自らの理想となす祖國を作る爲に
政治を取る事となりたるが故にある。
然乍ら、悲しきかな朴政權
咽喉元に北と言ふ刄物を押し付けられたる状態で
韓國を先進國にせずんばならず
嚴しき思想彈壓と壓制により
なか/\共感得られあらざる上に、北朝鮮べつたりの
第二の祖國日本の新聞各社からは
「打倒朴政權」
と叩かれ、苦澁の道を歩まねばならなかりし…

20 :( ´∀`)さん:01/12/12 13:03 ID:nN6AUBki
  ∧_∧ 
  <ヽ`Д´>
  ハ ̄ ̄`つ┏
  し   |  
   |___| 
  (_フ_フ   ∧∧
        ⊂<-Д->
          (__∪)
數々の苦難中、朴擬古は韓國を
NIESと言はるゝ力ある國へと
押し上げる基礎を氣付き上げてゐたのなる。
然乍ら志半ばにして、朴の命も
同胞による暗殺を以つて幕を閉ぢる事となる。

21 :( ´∀`)さん:01/12/12 13:23 ID:nN6AUBki
     Λ Λ
     (゚Д゚ )    小生の駄作
    <φ y >  お付き合ひくださり
  ┳┯┯┯┯┯┳ 有難う御座候
  ┃│││││┃

朴擬古 (モデル韓国元大統領 朴正煕)
彼れの評價は尋常ならざる程に評價が分かるゝ處で御座候。
獨裁政權。 傀儡政權。 金大中氏拉致事件。
共産主義者への拷問、殺害。
軍事政權の暴君、言論彈壓、
色々御座候。
然乍ら、是れ丈はお忘れぬ樣に
韓民族を饑餓から解放せる點で
韓國人はみな心の中で尊敬してる。
おれの兄はおかずなしの麥豆飯べんとうもちて學校に通つたけど
朴政權で育つたふれは麥飯なれども時々目玉燒きがついをりたり。
とね
最後に彼れが韓國國民に叫んだ演説文を載せて終はりにし度しと存知上候

22 :( ´∀`)さん:01/12/12 13:25 ID:nN6AUBki
わが五千年の歴史は一言でいって退嬰と粗雑と沈滞の連続史であった。
いつの時代 に辺境を超え他を支配したことがあり、
どこに海外の文物を求めて民族社会の改革を試みたことがあり、
統一天下の威勢でもって、民族国家の威勢を外に誇示したこ とがあり、
特有の産業と文化で独自の自主性を発揮したことがあっただろうか。
いつも強大国に押され、盲目的に外来文化に同化したり、
原始的な産業のわくからただの一寸も出られなかったし、
せいぜい、同胞の相争のため安らかな日がなかっただけで、
姑息、怠惰、安逸、日和見主義に示される小児病的な封建社会の一つの縮図に過ぎなかった。
われわれの波乱多き歴史の陰になって固定されることのなかった文化、政治、社会は
ついに「われわれのもの」を失い、代わりに「よそもの」を仰ぎ見るようになり、
それに迎合する民族性に陥いらせてしまった。
「われわれのもの」はハングルのほかにはっきりしたものは何があるか。
我々が眠っている間に世界各国はいち早く自国の経済向上のため目覚しい活動を展開していた。
しかし、われわれは海外進出は念頭に置かず、せいぜい座って縄を編んでいただけではなかったか。
高麗磁器などがやっと民族文化として残っているのみである。
それもかろうじて貴族たちの趣味にとどまっているだけであった。
しかし、これも途中から命脈が切れたのだから嘆かわしいことである。
以上のようにわが民族史を考察してみると情けないという他ない。
                                   
朴正煕

23 :( ´∀`)さん:01/12/12 17:20 ID:QyDsMkJJ
<・∀・>イイ!!

24 :( ´∀`)さん:01/12/13 01:03 ID:9q3tCh5i
(・∀・)スバラシイ!!

25 :( ´∀`)さん:01/12/13 01:07 ID:e58QpgO/
ベキョーニナリマシタ

26 :アイリス名ー無し ◆I.fteaN6 :01/12/13 02:43 ID:yCktv+6C
>>15-22 感服仕り候。斯くの如き志、現代日本に有るや無きや…。

其れでは、擦れに拙者も加えてくだされ。

     Λ Λ
     (゚Д゚ )    初の作品につき
    <φ y >  お目汚しの處多ければ
  ┳┯┯┯┯┯┳ 甚だ申し訳なく候
  ┃│││││┃

我は「傲慢主義宣言」を斜め読みする程度の
大正・昭和の政治・風俗に疎い明盲(あきめくら)なれど
またありとした枯木にて 山の賑わひに加わりたく候
御用と御急ぎで無い方は ご覧あれ………

27 :アイリス名ー無し ◆I.fteaN6 :01/12/13 02:44 ID:yCktv+6C
先生、今巷では「ヂンヂヤア」なる唐栗が人気らしいですな
 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ┃
   Λ_Λ      。   Λ Λ        ┃
  ( ´∀`)      ||   (゚Д゚,,)        ┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐ < y  >       ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________Λ___
ああ、立つて乗る二輪車の事ぢやな
君が言ふ「今」が何時なのか、少々疑問ではあるがな

28 :アイリス名ー無し ◆I.fteaN6 :01/12/13 02:44 ID:yCktv+6C
しかし幾ら文明が発達しても、忘れたく無いのは創作力…
オイ、桃の缶詰があつたらう、アレを二ツ持つてきて呉れ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             \┃
   Λ_Λ      。   Λ Λ   ハアイ ,┃
  ( ´∀`)      ||   (,,゚Д゚)∩    /┃〇──‐
  < __つ_y_つ ┌──┐ < y  /     ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___Λ________________
イヤイヤ、先生どうかお構ひなく…

29 :アイリス名ー無し ◆I.fteaN6 :01/12/13 02:45 ID:yCktv+6C
馬鹿者、君に遣る為の缶詰ぢやない。
昨夜食べた残りの缶だ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ┃
    Λ_Λ       。   Λ Λ        ┃
 Σ(;´Д`)      ||   (゚Д゚#)       ┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐ < y  >       ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___Λ_______________
ええ! では一体、何故に缶を?

30 :アイリス名ー無し ◆I.fteaN6 :01/12/13 02:45 ID:yCktv+6C
マア見てゐなさい。              此れですか?
ウム。あとは古帯と釘と金槌を…      ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
     カンヅメ…               ./ノ)┃
   Λ_Λ      。   Λ Λ     (゚ー゚┃
  ( ´Д`)      ||   (,,゚Д゚)    □□┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐ < y  つ    |##┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )    ∪┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

31 :アイリス名ー無し ◆I.fteaN6 :01/12/13 02:46 ID:yCktv+6C
  Λ Λ カンカン  Λ Λ ツーッ   Λ Λ キュッ
  (,゚Д゚,)      (,゚Д゚,)      (,゚Д゚,)
  ノ っ┠d      /っ□~~つ     っλ-d
  ( /つ )     ( /つ )     ( /つ )

 まう一方も…
  Λ Λ カンカン  Λ Λ ツーッ   Λ Λ キュッ
  (,゚Д゚,)      (,゚Д゚,)      (,゚Д゚,)
  ノ っ┠d      /っ□~~つ     っλ-d
  ( /つ )     ( /つ )     ( /つ )

32 :アイリス名ー無し ◆I.fteaN6 :01/12/13 02:46 ID:yCktv+6C
ホレ「缶ぽつくり」ぢゃ。
君も小さい頃、作つたことがあつたらう。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ┃
   Λ_Λ      。   Λ Λ        ┃
  ( ´∀`)      ||  λλД゚,,)       ┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐□□⊂ >       ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___Λ______ _∧_
成る程!此れが謂わば  然様。
「ヂンヂヤア」の原点だと
云ふ訳なのですね。

33 :アイリス名ー無し ◆I.fteaN6 :01/12/13 02:47 ID:yCktv+6C
ぽつくり、ぽつくり…
児戯なれど、斯うして誰もが大きくなつて
行くのですなア。
 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ポツクリ      ポツクリ
   ∧_∧      ∧∧
   ( ´∀`)     (,,゚Д゚)
   つ---つ      つ-つ
   | | | ||       | | ||
   (_/__)_/_)      (/ノ/ノ
    □ □       □ □
__________∧_____________
ウム。勉学も大事だが、書物からは発想力は養ひ難い。
よく遊び、よく学べ、ぢやな。

34 :アイリス名ー無し ◆I.fteaN6 :01/12/13 02:48 ID:yCktv+6C
           ミギリ
では先生は幼少の砌、よくお遊びになられていたのですね
 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧      ∧∧
   ( ´∀`)     (゚Д゚#)
   つ---つ      つ-つ
   | | | ||       | | ||
   (_/__)_/_)      (/ノ/ノ
    □ □       □ □
         ____∧___
          放つておけゴルア!

 (チヤン /\)

35 :アイリス名ー無し ◆I.fteaN6 :01/12/13 02:53 ID:yCktv+6C
大學への通り道に雑木林があるのだが
其処で子供等が遊んでいるのを 見た事が無い
「今時の子供は 外で遊んで居らぬのだなあ」と思ひ
此のやうな話を作つた次第にて候

此れを見てゐる真性の消防諸君、
インタネツトも面白からうが、己の手で物を作るも楽しいぞ

∧ ∧
( ゚Д゚)∧
∩ヽ/||⌒!

36 :  :01/12/13 03:41 ID:A9ivSPAP
良心の益々全身に満ちたるますらおの
起こり来たらんことを。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ┃
   Λ_Λ      。   Λ Λ        ┃
  ( ´∀`)      ||  λλД゚,,)       ┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐□□⊂ >       ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___Λ______ _∧_
大學を選ぶにあたり、この一言がかなり影響した。
「嗚呼、明治の日本人のこころざし、あにみならわんや」

37 :( ´∀`)さん:01/12/13 03:46 ID:8Axykisr
>26-35
嗚呼、のすたるぢあ…。私も遊びましたよ。

38 :(;´∀`):01/12/13 03:50 ID:E9/EPlQp
私は転んで足の指を2本骨折しました。軟弱過ぎるぞ、自分。

39 :( ´∀`)さん:01/12/13 05:43 ID:ystk4P/K
粉ミルクの缶が大きくて作りやすいですね。

40 :( ´∀`)さん:01/12/13 06:13 ID:2LoRYSrN
或日、先生にロシヤに旅行せる事を告げ
暫く留守にせる事を傳へた。
せしむると先生が
「年寄りの戲言とて聞いてくれ」
とおつしやる事がありし

 ロシヤについてのお話ですか?
 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ┃
   Λ_Λ       。   Λ Λ         ┃
  ( ´∀`)      ||   (゚Д゚,,)         ┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐ < y  >       ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________Λ___

 まぁさうだ、餘の友逹に料理人がゐてな其の人の話だ

さう言ふて、思ひ出すやうに餘にお話して呉れましたる。

41 :( ´∀`)さん:01/12/13 06:14 ID:2LoRYSrN
其れは、ラーゲリと言ふ強制收容所での話だつた。
當時其處には捕虜とて大茂名帝國軍の捕虜が
強制勞働に課せられてゐた地でもありしさうだ。
其處に1人の重病人が居たさうです。

       ああ…も、もう家には帰れないんだろうなぁ
       死ぬ前に1度…パイナップルが食べたい
   ___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  / ___|_
 /_了´Д`)        ∧∧
 ( ⊃ )⊃       (=Д= )
し__))    ⊆⊂´ ̄  ソ

_∧__________
弱音を吐くな!!!俺がパイナップルを手に入れてやる
絶対!!だからそれを食べて生きろ!!絶対だ!!
(こいつはもう駄目だ…せめて死ぬ前には良い思い出を…)

42 :( ´∀`)さん:01/12/13 06:14 ID:2LoRYSrN
さうして彼れは約束を果たす爲に
飯炊き等の手傳いに來てゐた、
ロシヤ人のお婆殿にパイナップルを呉れと頼むのでしたる

バブーシュカ ヤー欲しいアナナース(片言ロシア語)
__  _______
  ∨
  ___
 /___|_        ??
/_了´Д`)       ∩ ∩  
 (    )⊃     (´∀)` )
 | ||      (    彡
 (   ) )      (  (  )
※※※※※※※※※※※※
     ______∧______
   アナナース?難しいよ手に入らないよ
   無理だと思うけど頑張ってみるよ(流暢なロシア語)

固より不可能なのは承知
然乍ら捕虜たる彼れは
此のお婆殿に望みをかけるのみなりき

43 :( ´∀`)さん:01/12/13 06:15 ID:2LoRYSrN
さうして數日後お婆殿が遣つて來たるが
やはり期待は出來ず

       ごめんよぉ頑張ったんだけど是しか
  ___   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
 /___|_       
/_了´Д`)       ∩ ∩  
 (    )⊃     (´Α)` )
 | ||   ◯⊂(    彡
 (   ) )      (  (  )
※※※※※※※※※※※※
__Λ______
ヤープラカ?ニェットアナナース?


此のお婆殿が命がけで
リンゴを探してきてくれたるは
痛いほど解る。
まして、お湯のしか思へぬ樣な
ご飯しか食べれない自分逹から見たら
リンゴなんて夢に見るほどのご馳走

なれど戰友が求めてをるのはパイナップル…
途方に呉るゝ男…
此のまゝ戰友を見殺しにせるは出來ぬ。
然乍ら手元に有るのはパイナップルとは程遠い
リンゴ…
現實は悲しすぎた

44 :( ´∀`)さん:01/12/13 06:16 ID:2LoRYSrN
然乍ら…彼れは腕に覺えのある料理人なる。
戰友を騙す事は良心が痛む
なれど
彼れに出來る事は
リンゴをパイナップルのやうに見せる事なる。
リンゴを輪切りにし、甘酸つぱく煮付け
疱丁で切り込みを入れ
見事に見た目丈はパイナップルに仕立て上げた

待っていろ〜もうすぐだぞ〜

 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
│   
│       |◎ ◎|
│  ∧_∧└──┘
│  /  ヽ) 人M人ゴォォ
│〜(_ __)┻┻┻ 
└─────────────────

45 :( ´∀`)さん:01/12/13 06:17 ID:2LoRYSrN

       ああ…うまい…うまいよ
       有難う…死ぬ前に…本当に有難う
   ___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  / ___|_
 /_了´Д`)        ∧∧
 ( ⊃ )⊃◎    ◎(‐Д‐ )
し__))    ⊆⊂´ ̄  ソ

_∧__________
そんなことは言うな、今はじっくり味わえ

2人で喜び、生きてゐる素晴らしさを理解したる時間だつた。
其の後、此の重病人は移送され別の場所へと移されていつた。
此の時、料理人は思つた。
「もう日本に彼れは歸れないならん。
 せめて本物のパイナップルを食べせしめ
  上げる事が出來れば…」

46 :( ´∀`)さん:01/12/13 06:17 ID:2LoRYSrN

悲しきお話ですね
 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ┃
   Λ_Λ       。   Λ Λ         ┃
  ( ´∀`)      ||   (゚Д゚,,)         ┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐ < y  >       ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________Λ___

此の話には後日談があつてな
其の料理人が、帝國ホテルの主任料理長だつた時の事
ある男が尋ねてきたのだよ。
さう、シベリヤでパイナップルを食べせしめやつた重病人だよ
貴方のお陰で生きて歸つて是れたる本當に有難うと
其時、確信したるさうな
料理で人の命を救ふ事が出來るのだと

47 :( ´∀`)さん:01/12/13 06:28 ID:2LoRYSrN
     Λ Λ
     (゚Д゚ )    朴擬古に続く小生の駄作
    <φ y >    お付き合ひくださり
  ┳┯┯┯┯┯┳ 有難う御座候
  ┃│││││┃
このお話は昔テレビで見た、
元帝國ホテルの料理長であつた人の
話を元に作つたお話です。
眞に申し譯ありませんが
その人の名前を忘れてしまひました。
不確かな記憶に頼つて作つた物なので
事實とは異なると思ひます。

48 :名無しる!:01/12/13 07:55 ID:AFNfNipi
http://www.fujitv.co.jp/jp/unb/contents/p44_3.html
其の番組とは、多分此方の事でありませう。
然乍ら、小生無學故に良く存じませんが、カレー普及の話といゝ、
帝國ホテル料理長とは偉大なる人物が多きものやも知れませぬな。

 ∧_∧
(  ・∀・)
く  y  /つ
(__|つ )

49 :( ´∀`)さん:01/12/13 08:38 ID:2LoRYSrN
     Λ Λ
     (゚Д゚ )    >>48殿、感謝いたします
    <φ y >   
  ┳┯┯┯┯┯┳
  ┃│││││┃
番組は違居候得共エピソードは同じやうです。
いやはや、意外と知られてゐるものなのですなぁ
實を言ふとカレーを作つた事での
失敗話も知つてをるものなれども
其れは又今度と言ふ事で

50 :( ´∀`)さん:01/12/13 09:41 ID:xO2MzB62
 早くも「其之参」擦れがdat逝きに成つたやうです。
 過去多くの擦れが移行時に混乱状態に陥つた事例を想へば
今回実にスムウズに移行を了へた事は誠に慶ばしひ事ですよ、先生。

 ∧_∧
(  ・∀・)
く  y  /つ
(__|つ )

51 :( ´∀`)さん:01/12/13 15:29 ID:UqXcEFVJ
┌───────────────┐
│    ./ ̄ ̄ ̄\ せ を 戦 苦  |
│ ○ | /ニ●ニヽ |  お 地 し   |
│    |ノノ ´∀`) |   .も  の い  |
│ .参  \___/   ひ 茂 刻. │
│ 点 。○.           だ 名 は  |
└───────────────┘

52 :( ´∀`)さん:01/12/13 20:53 ID:e7opI5W1
(;∀;)イイ!!

53 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/13 20:56 ID:DuJukjJ9
 荒潮の渦巻く玄海灘を中心にして、南朝鮮、済州、対馬、北九州等の間には、
昔から伝説にもあるように住民の漂流がしばしばあったと云われている。
或は最初の文化的な交流というものは、概してこういう漂流民を通じてなされたので
あろう。――だが面白いことには文明の今日においてさえ、漂流という形を
借りたものが又想像以上にあるのである。それが密航である。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::..:::::..... . . ::::::::. . . .... .. ....... .... ......... ......... ........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::^^:::::::::     :::::::::::::::::  :::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::
:::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::^^::::::: ::: :::::::::^^:::::   ::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::
:::::::::::::::::::: :::::::: :::: :::::    ::::::::::^^::::  ::::::: ::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::
.........::::.:::...  ..  :.   / ̄ ̄\  . . . .. ::. . . ::::::::.::::..................:::::::  :::::: :::::::::::::
________|____|__________________
−−−−−−−=======−−−         
      −−−−−====−−−-    ∧_∧ 玄海灘…
〜〜〜          〜〜〜         < 、  >  〜〜〜 ザザザザ〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(   )〜〜〜〜〜 〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 |  |;" 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜;.;";;".;.;".;〜〜〜〜〜.; .;.;"〜〜 ∪'∪","""〜〜〜.;.;" 〜〜〜
.; ;"..;".;.;".;.;".;/).;".;.;"Π.;.;.;"..;.;"..;.;";;.:.;".;";;.;;.;".;.;.;"
.;".;.;".;.;".;.;".; ;".; .;.;".;.;".;";;.;;.;".;.;.;";";;.;;.;".;.;.;;.;";.;";.
;.;".;.;".;.;".;.__;".__;.;;..;.;;.;";;.;;.;";.;.;.;";.;";";;.;;.;".;.;;.;";.;
  ;.;".;.;".;.◎__ll |_ヾ ;".;.;".;.;;..;.;;".;.;.;";.;";";;.;;.;".;.;";.;.
  ;.;".;.;".;.;".;.;".;.;;..;.;;.;";;.;;.;";.;";".;.;.;";.;";";;.;;.;".;.;";.;

54 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/13 20:57 ID:DuJukjJ9
彡    彡     彡      彡      彡     彡     彡     彡
    彡    彡     彡      彡      彡     彡     彡   彡
_____________
  ∧_∧  日本… 天国… \〇 ̄ ̄ ̄ ̄)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <、゚Д゚ >               \〇 ̄ ̄ ̄ ̄)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  | : ⊃    □     □     \( ̄ ̄ ̄)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  |  ノ    /  \   / \    \ ̄〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜
  ∪∪    |_埠頭 |   |_埠頭|      \〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                         |〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                         |〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 その実私も釜山から一度密航を試みようとしたことがある。それは十八の時の十二月の
ことであるが、或る事情で堂々と連絡船には乗り込めないので、毎日のように埠頭に出て
寒い海風に吹かれながら、どうしたらばこの海を渡って行けるだろうかとばかり思い焦って
いた。何しろ若い年先であり、それに丁度中学からも追い出されたばかりなので、ゆっくりと
形勢を見るとか智慧をめぐらすとかいうようなことは出来なかった。玄海灘の彼方というのは、
私にはその幾日間かは全く天国のようにさえ思われていたのであろうか。

55 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/13 20:57 ID:DuJukjJ9
  〜ニダ    〜セヨ   :||:::::: 丁度二三日前から、宿屋のボーイにも
 ニダ     マシッソ…  ||:::::: 三十円程出せば密航させるからとしきりに
   ∧_∧ …       ||:::::: 誘われていた訳なので、よっぽど思い切って
  <、゚Д゚ >         ||о:::: やってみようかと考えた。だが何故となく
  (  : フ ┳━━━┳ ||:::::  おっかなかった。隣りの部屋に一人の客が
  ( |つ ) ┃      ┃ ||::::::  やって来たが、言葉がどうも郷里の北朝鮮系である。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   よしなせえ              ||:::::: 私はその夜中に客の寝ている部屋へ
                        ||:::::: はいって行った。そして密航に対して
   ∧_∧           ∧_∧  ||:::::: 意見を求めた。すると客はしげしげと
  < >┏┓<;>          <゚Д゚、;>  ||о:::: 私の顔を眺めてから、「よしなせえ」と
   < _______フつ ┳━━━┳ (| : |ヽ ||:::::  一言のもとに反対した。今も思い出す
  ⊂[   ). )  ┃      ┃ (____) ||:::::: ことが出来るが、彼は小さな口の上に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 黒い鼻髭のある三十男で、目をしょっちゅう
     しばたたいていた。その目をしばたたきながら、彼は一晩中密航に関して
     いろいろな話をしてくれた。彼も内地へ行っていたが、渡る時はやはり旅行券が
     なくて密航をしたというのである。

56 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/13 20:58 ID:DuJukjJ9
 ∵ ∴: ∴∵:  ,__ ゴゴコゴゴゴ〜
      ¶  ¶   ||| 〃         ,彡  彡  彡  彡  彡 彡
      | |  | |/ ̄ヽ  : : ∴∵ 彡 彡 彡 彡 彡 彡
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 〃__:: ∴∵
 ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¢ ノ∴∵: ∴
  \  : 〃彡   彡  彡∵∴∵:∵彡 彡 彡 彡 彡 彡
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 船は小さくて怒濤に呑まれんばかりに揺れるし、犬や豚のように船底に積み重ねられた
男女三十余名の密航団は、船員達に踏んづけられ虫の息である。喰わず飲まず吐瀉や
呻きの中で三日を過ぎ、真暗な夜中に荷物のように投げ出されたのが、又北九州沿岸の
方角も名も知らない山際だったそうである。

  ∧_∧      ∧_∧
 ( ´∀`)     (・∀・ ) 密航者だから、文句いうなよ。
 (    )     (    )
 │ ││     | |\ \ グリグリ
 (__)_)    (__)  (__)  
     ∧_ ∧     <;:゚ д゚*,> ゲボォ…   ∧_∧
     <丶;∀;>アウゥ… ⊂ ;:';::;⊃       <`┏┓´#> ……
    (  つヽヽ|    ⊂;:';:@ ;:⊃  オモニ〜  (  ∽  )
    (_フ_⊂;:;:'⊃   ∧,,∧ アイゴー…   ⊂[   ). )
    ∧ ∧        <,,TдT>           ̄ ̄ ̄      
  _<,,xдx> ゲゲェッ…  (__@ ▲∧    
⊂ _し | |,⊃ ビチャ         <=;゚ )-゚> …ウプッ
  ⊂;: ;:'⊃   ∧∧ ヴォエッ…⊂  qY つ
   ⊂;:';:,,,;:';:⊃<∇x ;>⌒⌒⊇ /| || | ||ヽ
      ピチャ  | |,,_ (/"""   (__)(__)
         ⊂; ;:'⊃ ベヂョッ

57 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/13 20:58 ID:DuJukjJ9
 ;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;::;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::: 兎に角内地へ渡って来たのは来たが、皆はひどい
 ;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::    船酔いと餓えに殆んど半死の有様で、夜が明けるまで
          :;:;:;:::::           ぶっ倒れていた。彼だけはしきりに気を立て直して、
       ::::::::::: ::;;;;;;;;;;:;:::;:;;;::       行先をさぐった。そして灯のまだらについている
          ___   ____        小さな町の方をさして、這うように山を越え
    ∧_∧ |   |  | 田 |  人人          逃げ込んだのだった。
 V/<`┏┓´;>V/V/V/V/V/V/V/V/V/V/V/V/VV/
 /V⊂V/V/V;;)/V/V/V/V/V/V/V/V/V/V/V/VV/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:::::::::::::
 ;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;::;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::  ぼろぼろでも洋服を着ていたからよかった。
 ;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::: ∧_∧:::::::  だが他の連中は白い着物を着たまま群をなして
     ∧_ ∧      <;:゚ д゚*,>  徨い歩く中に見付かって、再び送還されたのに違いない。
     <丶゜∀゜>ハァハァ… ⊂ ;:';::;⊃
    (  つつ|立ツノガ  ⊂;:';:@ ;:⊃
    (_フ フ | ツライ   ∧,,∧
    ∧ ∧         <゜д゜,,>      
  _<,,xдx>        (__@   ▲∧    
⊂ _し  ,⊃              <=;;゚ 0゚> はぁ〜はぁ〜
          ∧∧ …       (  qYつ
         <∇x ;>⌒⌒⊇ (⌒/| || | ||ヽ
              (/"""   ""  ̄ ̄ ̄

58 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/13 20:59 ID:DuJukjJ9
                        ||::::  私はとうとう密航を思い切らねばならなかった。
                        ||::::: 「じゃが今は内地も不景気でがして、
   ∧_∧            ∧_∧  ||::::: 屑屋も駄目じゃけん、内地さ行くなあ
  < `┏┓´>          <゚Д゚;; > ||о::  あきらめるがええ」と、彼は結んだ。
   < _______フつ ┳━━━┳ (| : |ヽ ||:::::
  ⊂[   ). )  ┃      ┃ (____) ||:::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ______
  | 鎮 山 釜 |        
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄________   翌日の朝彼は郷里へ帰るといって、
         /           \   やはりぼろぼろの洋服で小さな包みを一つ抱え、
        /              \  釜山鎮という駅から発って行った。
 __    |                 |  私は余りの心寂しさに、彼を親でも送るような
 |□ |   |       ∧_∧      |  気持で、 遠くから手を振って見送ったが、
 |三||.|    |      <`┏┓´>     |   この小さな鼻髭を持ったおじさんは今どこで
  ̄ ̄   |       <;;;;#:#;;ъ    |   何をしているのだろう。
       |      /_∧_,,,■    |
_____|      (__)_)     |
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧
 <、゚Д゚/) ))
  | : ノ
  |  ノ
  ∪∪

59 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/13 20:59 ID:DuJukjJ9
                 その後私は北九州の或る高校に籍をおくようになったが、
        .||    ……   この地方の新聞には毎日のように朝鮮人密航団が発見されて
  .___O||  ∧_∧    挙ったという記事がのる。それを読んでいく時は、何とも云えない
  井 井 井 ||  <、-Д- >    複雑な感情に捉われた。沿岸の住民がとても訓練を得て監視
   井 井 井||  ノヽ:/□|]   するために、稀の場合でなければ成功しないのである。
  井 井 井 ||  ┳━━┳    あっちは命がけの冒険上陸とも云えるが、こちらは又こちらで
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 必死になって上陸させまいと目を光らせている。


             (  ヽ      ――――  ○  ――――
     , ⌒ヽ    (     )          // | \
    (    '   (       ヽ⌒ヽ 、   / / |    \
    ゝ    `ヽ(              )        |
   (:::::::::::: '   (:::::::::::::::::::::::::::  ヽ⌒ヽ 、
    ゝ:::::::::::: `ヽ(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    )       (⌒ 、
   (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  ::::::::::::::::  ヽ     (:::::::  ヽ
  (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::  )    (:::::::::::::::::
::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 〜〜~ 〜〜   ~〜〜〜  〜~~ 〜〜  〜〜~  〜~~ 〜〜~
 ~ 〜〜  ~~  〜〜   ~~ 〜〜~~~    ~~ 〜〜〜  ~~ 〜
〜 ~~~〜〜 ~~ 〜〜~~   〜〜  ~ 〜〜  〜〜 ~~~~ 〜〜〜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
..............   ∧_∧      .... 私は九州時代有明海にしても、鹿児島海岸にしても、 
  ............. <、^Д^> ..................... 別府の太平洋にしても随分親しんだものだが、
  ..............⊂ : ⊃ ..................... 目と鼻の先の玄海灘の海辺には余り遊びに出掛けなかった。
..............   |  | ....     ..  ..............  ..   ...  
   ( (  ∪∪     ..     :: ::      ..   ....

60 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/13 20:59 ID:DuJukjJ9
  ミ  ゞ  彡 ゞ. ミ  ゞ  .彡  ゞ   ミ  ゞ  彡 ゞ. ミ  ゞ .彡  ゞ
 彳ゞ彡ミ ミゞ彳ゞ 彳ゞ彡ミ ミゞ 彳ゞ 彳ゞ彡ミミゞ彳ゞ 彳ゞ彡ミミゞ 彳 ゞ
彡ミゞミ ゞ彡.ミ彡ヽ彡ミゞミ ゞ彡. ミ彡ヽ彡ミゞミ ゞ彡.ミ彡ヽ彡ミゞミ ゞ彡ミ彡ヽ
,,,,..||.....||..,.,.,||,.,.,.||,,,,,..,,.||.,.,.,.,.||,.,.,.||,.,.,||....,.,,,,..||.....||..,.,.,||,.,.,.||,,,,,..,,.||.,.,.,.,.||,.,.,.||,.,.,||....,.
.;".;.;".;.;".;.;".; ;".; .;.;".;.;".;";;.;;.;".;.;.;";";;.;;.;".;.;.;;.;";;;.
;.;".;.;".;.;".;.⌒".__⌒⌒;..;.;;.;";;.;;.;";.;.;.;";.;";";;.;;.;".;.;;.";;.;.
.;".;.;".;.;".;.;".; ;".; .;.;".;.;".;";;.;;.;".;.;.;";";;.;;.;".;.;.;;.;";.
".; ./ヾヾゝゞ.; ;".; .;.;".;.⌒;";;.;;.;".;.;.;";";;.;;.;".;⌒⌒⌒.;";.;";";;.;;
".; .ヾヾ V/ y〜ゞ.; ;".; .;.;".;.;".;"∧_∧  ∧_∧.;.;.;";";;.;;.;".;.;.;
".; .; ヾヾ ヾV/ヾ ゞ.; ;".; .;.;".;.;"<、゚Д゚ > ミ゚Д゚,,ミ;;.;;.;".;.;.;";";;.;;.;;.
".; . ヾ ヾ\ヽヾゞ.; ;".; .;.;".;.;" ⊂ : ⊃⊂ : ⊃;";;.;;.;".;.;.;";";;.;;";
".; .;   ) )ヾ.; ;".; .;.;".;.;".;";;..|  |  ミ   ミ;;.;".;.;.;";";;.;;.;".";
".; .";  ///ヾ)ノ .; ;".; .;.;".;( (  ∪∪ . ∪∪;".;";;.;;.;".;.;.;";";;."
"._; .;.//人 ノll⌒~/|.; ;".; .;.;".;.;".;";;.;;.;".;.;.;";";;.;;.;".;.;.;;.;";
.|\; ヾ_;"..; /∴∵/ |.;";;.;;.;".;.;.;";";;.;;.;".;.;.;;.;";.;";";;.;;.; ;".; .;
;"|.;\__ゞ.;;/  /  |.;;.;;.;".;.;.;;.;";.;";";;.;;.; ;".; .;.;".;.;".;";;.;;..
;";\;.;;.;/;.ξ;/;";; /";";;.;;.; ;".; .;.;".;.;".;";;.;;.;".;.;.;";";;.;;.;".;.
,"〜 ̄ ̄〜.;.;" ̄ ̄ 〜〜〜,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜,
〜〜〜.;.;" 〜〜〜,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜
,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜,"""
〜〜〜.;.;" 〜〜〜,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜
,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜,"""〜〜〜.;.;" 〜〜〜,"""

 それにしても卒業の年の初秋だったと思う、一度だけ郷里の或る学友と唐津へは
行ったことがある。波の静かな夕暮で、海辺には破船だけが一つ二つ汀に
打ち上げられていたが、海の中へ遠く乗り出している松林には潮風がからんで
爽やかに揺れていた。

61 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/13 21:00 ID:DuJukjJ9
その時ふと私達の目には白い着物を着た婦(おんな)達が四五人、遠く砂浜を歩いて
来るのが見えた。丁度夕焼頃となり、それが迚(とて)も美しく映えて見えるのだった。
私はぎくりとして、さてはちりぢりになった密航団のかたわれではなかろうかと思った。
ところが彼女達が近くやって来た所を見ると、近所の海辺に住んでる移住民の
奥さん達のようだった。
ヽ,.ゞ:,  ,ヾゞヾ;ゞゞ\ヾゞ:  ヾヾ゛ ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:  ヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞ
,.ゞ :,,ヾゞヾ;x/x/ノヾx/:ヾヾ  ゛x/.ヾ     x/ヾx/;x/x/ヾ  x/;x/
x/:ヾx/゛;ヾ;x/  ,',;:x/ヾx/;x/ヾ.:     ヾ:ヾx/ヾ., .x/ヾx/;x/   ヾ;x/x/;x/
,,x/.ヾ\\ x/ヾ:x/ヾ ノノ x/ヾ .  x/ヾ x/ヾ  .x/;x/ヾ;x/x/;x/ ヾ;x/x/;x/
x/ヾ ,,.x/ヾ::x/ヾx/:ヾ x/:.y.ノヾx/..ヾ .x/,'ヾ  x/ヾx/ ;x/ヽ,.x/:,,ヾx/ヾ;x/x/;x/x/ヾx
x/ヾx/;x/x/ヾx/;x/iiiiii;;;;::::: イ.ヾx/, .,;  x/ヾx/___// ;x/   x/ヾx/;x/ヾ;x/x/;x/
x/ヾ   x/;x/ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.x/:,,ヾx/ヾx/__;::/x/ヾx/;x/ヾ;x/x/;x/
  x/ヾx/;x/   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;x/x/;x/ヾx/
ヾ;x/x/ヾ;x/x/ヽ|iiiiii;;;;:::i;;;;;::x/     +    +     +      +     +
  ヾ   ヽiiii;;;;;:::::i;;;;;:::::|     +                      +
  `     ヽiiiiiiii;;;;;;::::ll:ゝ     /人ヽヽ /ノハハヽ  /人ヽヽ   ∧_∧
 `     ,   x/|i;iiiiiii;;;;;;::ゝ   J*゚д゚,, ) (/*゚-゚ )  (゚ー゚,,し  (゜д゜*)  +
     `      ノii,iiiiiii;;;;;;:::ゝ   ( ヽ - ) < ヽ-/っ <ヽ−/)  ⊂>v/⊃  +
          /,iiii;iiii;;;;:;@:/ヾ   |   |  |  |ヽ  |===|     |~~~ |  
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. /iiiiiiiiii;;((///丿,,. ,,.,.  UU )),. U U , )),,,,.UU )) ,,,.,  UU )) ,,,,.,.
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.//////////ノ,,. ,,.,.. ,,.. ,,,,.,.. ,...,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,. ,,,,.,.. ,, . ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,
. ,,,,.,.. ,.   /|iiiiii;iii;;:;:::;:/,,. ,,.,.. ,,.. ,,,,.,.. ,...,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,. ,,,,.,.. ,, . ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,
. ,,,,.,.. ,. /|iii;;iiiiiiii;i x/x/x/| ,,. ,,.,.. ,,.. ,,,,.,.. ,...,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,. ,,,,.,.. ,, . ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i:i;;:;ヘヘ,,. ,,.,.. ,,.. ,,,,.,.. ,...,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,. ,,,,.,.. ,, . ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,
..,.. ,.... ,,,≠≠≠≠≠≠... ,,...,.≠ ̄,,. ,,.,.. ,,.. ,,,,.,.. ,...,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,. ,,,,.,.. ,, . ,,,.. ,,,,.,..

62 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/13 21:00 ID:DuJukjJ9
ヽ,.ゞ:,  ,ヾゞヾ;ゞゞ\ヾゞ:  ヾヾ゛ ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:  ヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞ
,.ゞ :,,ヾゞヾ;x/x/ノヾx/:ヾヾ  ゛x/.ヾ     x/ヾx/;x/x/ヾ  x/;x/
x/:ヾx/゛;ヾ;x/  ,',;:x/ヾx/;x/ヾ.:     ヾ:ヾx/ヾ., .x/ヾx/;x/   ヾ;x/x/;x/
,,x/.ヾ\\ x/ヾ:x/ヾ ノノ x/ヾ .  x/ヾ x/ヾ  .x/;x/ヾ;x/x/;x/ ヾ;x/x/;x/
x/ヾ ,,.x/ヾ::x/ヾx/:ヾ x/:.y.ノヾx/..ヾ .x/,'ヾ  x/ヾx/ ;x/ヽ,.x/:,,ヾx/ヾ;x/x/;x/x/ヾx
x/ヾx/;x/x/ヾx/;x/iiiiii;;;;::::: イ.ヾx/, .,;  x/ヾx/___// ;x/   x/ヾx/;x/ヾ;x/x/;x/
x/ヾ   x/;x/ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.x/:,,ヾx/ヾx/__;::/x/ヾx/;x/ヾ;x/x/;x/
  x/ヾx/;x/   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;x/x/;x/ヾx/
ヾ;x/x/ヾ;x/x/ヽ|iiiiii;;;;:::i;;;;;::x/     +    +     +      +     +
  ヾ   ヽiiii;;;;;:::::i;;;;;:::::|     +                      +
  `     ヽiiiiiiii;;;;;;::::ll:ゝ       /人ヽヽ       /ノ人ヽ   ∧_∧
 `     ,   x/|i;iiiiiii;;;;;;::ゝ     J*゚ワ゚ )  ハハヽ J,, ゚ヮ゚)ΩΦ (^д^*)  +
     `      ノii,iiiiiii;;;;;;:::ゝ    (ロロヽ-/⊃@(゚ー゚*ゞ  <ヽロ/::つ⊂ >v/⊃ロ +
          /,iiii;iiii;;;;:;@:/ヾ    /  ノ   ゝヽ-/>   |===|    |~~~ |  
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. /iiiiiiiiii;;((///丿,,. ,,.,.  UU )),. ⊆|_ロロ),,,.,. (/~U ,,,.,  U U ロ ,,,,.,.
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.//////////ノ,,. ,,.,.. ,,.. ,,,,.,.. ,...,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,. ,,,,.,.. ,, . ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,
. ,,,,.,.. ,.   /|iiiiii;iii;;:;:::;:/,,. ,,.,.. ,,.. ,,,,.,.. ,...,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,. ,,,,.,.. ,, . ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,
. ,,,,.,.. ,. /|iii;;iiiiiiii;i x/x/x/| ,,. ,,.,.. ,,.. ,,,,.,.. ,...,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,. ,,,,.,.. ,, . ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i:i;;:;ヘヘ,,. ,,.,.. ,,.. ,,,,.,.. ,...,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,. ,,,,.,.. ,, . ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,
..,.. ,.... ,,,≠≠≠≠≠≠... ,,...,.≠ ̄,,. ,,.,.. ,,.. ,,,,.,.. ,...,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,. ,,,,.,.. ,, . ,,,.. ,,,,.,.

 若い婦達が下駄を手に持って、時々腰を屈めて沙場の貝殻を拾っている様は美しい。
その頃の高校の歌に、「夕日や燃ゆれ、吉井浜、天の乙女がゆあみする」という句節があった。
 私は滅多に歌など歌ったことがないが、その時はちょっとそういう文句を思い浮べた。

63 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/13 21:01 ID:DuJukjJ9
  ____________
 ||                ||
 || 金史良
 || 「玄海灘密航」 要約   ∩_∩ >>15-22殿の作品を見て、
 ||             \ (・◇・) 閃きました。感謝します。
 ||_________ ⊂...V..i,> 日本統治下で育つた朝鮮人の
        ┗┛      / | |  エリィトを對比してみませう。
                  ̄ ̄
_________∧____________

 彼は日本に密入國し、東京帝國大學を卒業してます。
(そんなことが何故可能なのがさつぱり私にはわかりません。)
 密入國前から反日學生鬪爭の士ですが、日本滞在中に執筆した
「光の中に」が昭和15年に芥川賞候補作となります。終戦末期、
日本軍に徴用され中國に赴いた際、脱出し、朝鮮義勇軍に參加。
朝鮮戰爭が勃發した時に行方不明となり、そのまま死亡したと
推定されています。當時の日本にとつて、彼は不倶戴天の存在の
やうな氣がします。
 朴正煕は確かに評價が極端に分かるゝ處ですね。百年後の歴史家達に
その判斷を任せますか…。
 文字繪に關して、過去記録の作品から參照して改造を加ヘてます。
なにとぞご容赦を。

64 :( ´∀`)さん:01/12/13 22:27 ID:hDLhMa5V
「にょ」殿、相変わらずのお手並み、見事ですな。素晴らしひ。

65 :( ´∀`)さん:01/12/13 23:52 ID:rmpzvNQL
(゚Д゚) ウマー

66 :( ´∀`)さん:01/12/14 00:14 ID:mA1zptOh
┌──────────────┐
│    ./ ̄ ̄┳\  ま せ 欲 .|
│ ○ |∧∧ .┃_ |  で ん  し  |
│    |゚ペ;)(◎)) |  は  ゚  .が |
│ .壱  \___/    勝  り  |
│ 点 。 ○           つ .ま .|
└──────────────┘

67 :( ´∀`)さん:01/12/14 00:44 ID:FZuCax6b
(・∀・)にょ殿イイ!!

68 :( ´∀`)さん:01/12/14 00:56 ID:B+YRsJY+
(・∀・)ヰヽ!のですが
舊假名舊漢字體にし忘れてをられるのがちと残念ですな

69 :( ´∀`)さん:01/12/14 03:05 ID:OsVi6oPX
     ∧ ∧   も〜いくつ寝ると♪
    (*゚ー゚)___.
    //~ ※ ※ \
   /※ ※ ※ ※ \
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

70 :( ´∀`)さん:01/12/14 14:30 ID:BBP4XJf0
>>68
不粋ながら、にょ殿の文章は原文ママではないかと。旧字體では
ない場合はそのまま使われているはず。
まァ所詮は擬古文ですので、細かいことは気にせずマタアリと。

71 :( ´∀`)さん:01/12/14 17:00 ID:gOLDiPAv
クリスマスが近付きましたが、皆さんクリスマスプレゼントは買ひましたか?
今日は今年も世界中で贈られるであらうテディベアのお話です
  ∩_∩
  ( ´(T)`)
  ( つ  つ
  ヽ_つ_つ

72 :( ´∀`)さん:01/12/14 17:00 ID:gOLDiPAv
「テディベア」の名は亜米利加の第弐拾六代大統領セオドア・ルーズベルトに因むと云ひます。
彼は日露戦争の講和を斡旋した功績でノオベル平和賞を得るなど、日本にも関係の深い人物です。
  ∧☆∧
 ( ´⊇`)
 ( <V> )
 | | |
 (__)_) 

73 :( ´∀`)さん:01/12/14 17:01 ID:gOLDiPAv
さて、そのルーズベルト大統領は狩猟好きで知られてゐました。
或る日、大統領はミシシツピで熊狩りに出かけました。
   とニつ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´⊇`)< 今日も大物を撃つモナー
  (\<V>)  \_____
  ≧□⊇〓┷
  (__)_)

74 :( ´∀`)さん:01/12/14 17:01 ID:gOLDiPAv
しかし、その日は運悪く全く獲物に出会ひません
      とニつ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    .┃( ;´⊇) < 困つたモナー
     [] ~っ<V>_|]つ \_____
    /_|| | |
      (__)_)

75 :( ´∀`)さん:01/12/14 17:01 ID:gOLDiPAv
部下達も焦り始めました。

な、何とかしろゴルァ!
 ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (;゚Д゚)  (・∀・; )<仕方無い、例のあれを使はう
 ⊂ <Y>つ ( <∞> .)  \_______
  | : |   .| | |
   UU   (_(__)

76 :( ´∀`)さん:01/12/14 17:02 ID:gOLDiPAv
部下は前もつて捕まへておいた壱頭の仔熊を連れてきて……
   ∧∧ オラ、キリキリアルケ
  ( ゚Д゚)  ∩_∩
  | つつ―(・(T)・/⌒○
  | : |    | 八  r ノ
   UU   (_)(_)_)

77 :モナーは足がでかい:01/12/14 17:02 ID:p7hEQX19
このスレいい

78 :( ´∀`)さん:01/12/14 17:02 ID:gOLDiPAv
…木に繋ぎました。
゛ ヾ;\;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ "ゝゞ ; ;ヾ; ;ゞ
 ""|l!|| ‖l||l |
   |:l||l || l :i |   ∩_∩
   |;l!l| |l!l|!l |___(・(T)・; )クマーックマーッ
   |ill|| l l||ll l  (~~~~~~~) ))
""'"llil|l l!ll||ll |  / / /
  ∧∧     (_(_⊂ニつ
  ( ゚Д)サアダウゾ  (⊆`  )ン……
  |  _]つ       (<V>イ ノ 
  |  :|       ┷〓⊆ひ≦
   UU        (_(__)

79 :( ´∀`)さん:01/12/14 17:03 ID:gOLDiPAv
  ∧∧         ⊂ニつ   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ゚Д)ハ?      (´⊆` )< 熊を放してやれモナ
  ( <Y>)       (<V>イ ノ  \___
  |  :|       ┷〓⊆ひ≦
   UU        (_(__)

80 :( ´∀`)さん:01/12/14 17:04 ID:gOLDiPAv
  ∧∧         とニつ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ゚Д)…ワカリマシタ (  ´⊇`)< こんなハンティングはスポーツマンシップに反するモナ
  ( <Y>)       (<V>イ ノ  \___________
  |  :|       ┷〓⊆ひ≦
   UU        (_(__)

後日この逸話が華盛頓ポスト紙に掲載されました。
記事を見た露西亜移民のミットム夫妻が、大統領の愛称である「テディ」から「テディベア」と名付け売り出したところ大盛況。
それ以来テディベアは熊のぬいぐるみの総称となつたのです

81 :( ´∀`)さん:01/12/14 17:04 ID:gOLDiPAv
なほ、逃がした熊が年老いた熊だつたと云ふ説や、最初にテディベアを売り出したのは
独逸のシュタイフ社からアメリカ人のバイヤーが買ひ付けて来て売り出したと云う説などがあり、
真相は分かりません。
更に、選挙戦でセオドア・ルーズベルトがテディベアを配つたなど無粋な話も御座りますが
そこの處はひとまづ御眼を瞑り下され。では御機嫌やう
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /⌒\
       ○[ニニ]
      / ( ゚Д゚) [|]   _
     /  <  || |]⊃  |講|
     | /旦 ̄ ̄ ̄ ̄\|談|
      ,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||擬|
      .|         ||古|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

82 :モナーの足はでかい ◆2XEgrmcs :01/12/14 17:14 ID:p7hEQX19
鬱だ死なふ

83 :( ´∀`)さん:01/12/14 17:15 ID:r5culy1c
鬱だ死なんめり

84 :モナーの足はでかい ◆2XEgrmcs :01/12/14 17:17 ID:p7hEQX19
>>83藁たり

85 :モナーの足はでかい ◆2XEgrmcs :01/12/14 17:18 ID:p7hEQX19
逝きてよき

86 :モナーの足はでかい ◆2XEgrmcs :01/12/14 17:20 ID:p7hEQX19
子、いづくんぞ能く逝けるか

87 :( ´∀`)さん:01/12/14 18:44 ID:z5nkQPsm
>>86熊の話しの後だつたからつい
「子、いづくんぞ熊く逝けるか」と讀んでしまつたぢやあないか。

88 :( ´∀`)さん:01/12/15 04:03 ID:0hnw6u3T
      .___
    上二ユ
     (´ム ` ) < ふむ、ここが下町か。。
    /{|:|} ヽ
   ,a/l⊂[|二)
   |  L  」
   |  |||
   |  ((二l    

89 :( ´∀`)さん:01/12/15 16:03 ID:RYprzWJp
┌──────────────┐
│    ./ ̄ ̄ ̄\  金 金 .月 |
│ ○  | 円_円  |  金 金 月 |
│    |¥・∀・¥ |  金 金 .火 |
│ .玖  \___/     .金  .水 |
│ 点 。 ○            金  木.|
└──────────────┘

90 :にょ ◆NYox1Pq. :01/12/15 21:30 ID:tHaGLtEK
 譽めて下さつた皆樣に御禮申し上げます。

>>68殿のご指摘通り、舊漢字體にし忘れてしまひました。迂闊でした。私は
以前の文字繪作品でも度々忘れてゐる次第、反省しています。以後投稿は
再確認に努め、愼重にします。假名遣いに關しては、おそらく原文のままです。
 昭和10年代の假名遣いは現代文とさほど違和感がないのかもしれません。
さらに金史良自身、日本統治下にある朝鮮人だとしても、そこは外國人が
習得した日本語でせうから、近代的な文章作法を自らの文體としたのかも
しれません。この邊は職業的文學研究者に判斷を委ねます。
 樂しくも爲になる逸話を皆樣よくご存知ですね。引き續き閲覽させて戴きます。

       ∩_∩
       (・◇・ll)
      <φヽy/ ,>
    ┳┯┯┯┯┯┳
    ┃│││││┃
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

91 :( ´∀`)さん:01/12/15 22:47 ID:RYprzWJp
┌──────────────┐
│  によ殿  し 留 朽 弐 身  |
|  ∧∧      め ち 番 は  |
|  (・◇・)[|] 職 置 ぬ 局 例 |
| 陸く,,,,y,,,_ノつ.人 か と に ひ .|
| 点. ノノノ|||||  魂 ま も て     |
└──────────────┘

92 :( ´∀`)さん:01/12/16 18:54 ID:2CknSNBH
   。 o  。      。      o      。          。o      。
 o        。      o   。     o        o     。
   。        。  o  。          。   o 。       。    。
ノ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒    。       。  o  。
| 文人はホントに温泉好きですね。島崎さんも、川端さんもさうらしいですよ   。   。
\ 皆さん、何かよからぬことをたくらんでるんぢやないですか?   o   。   。   o
o  ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o        。      o   。
〜ビヂヨトノアバンチウルトカ、エヘヘ    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
oノ)==⊇∧。  o    ノ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒     。 (~´`
∫(* ´∀`) ∫∧⊆ < ほつとけ                    o   。o(⌒
  ~~~~~~~ ∫(゚Д゚,,)ゞ∫                         o     (~~)
 。    o   ~~~~~~ 。 ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ 。 o (⌒)
o        。      o  。      o   。 。 o     。    (~~)
。  。  o    。  o  。  。     。        o  。      o   (´^ヽ
     。            。                       (⌒)
/~゙゙ヾ⌒`ゝ-(~´`(⌒(⌒~ヽ/~゙゙ヾ⌒`ゝ-(~´`(⌒(⌒~ヽ/~゙゙ヾ⌒`ゝ-(~´`(⌒

93 :( ´∀`)さん:01/12/17 01:36 ID:JnQQpu5R
∧ ∧
( ゚Д゚)∧  サガリスギデスナ
∩ヽ/||⌒!つ

94 :( ´∀`)さん:01/12/17 17:34 ID:cMwk5wlU
ここはひとつ、保守

95 :( ´∀`)さん:01/12/17 18:00 ID:Ltz9h0Hz
     ∧ ∧   揚げませう♪
    (*゚ー゚)___.
    //~ ※ ※ \
   /※ ※ ※ ※ \
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

96 :( ´∀`)さん:01/12/17 18:40 ID:G6SFL+6B
大分下がつて居りますね。

97 :( ´∀`)さん:01/12/17 19:07 ID:NwT3qddI
 

98 :( ´∀`)さん:01/12/17 19:21 ID:KciAEySh
暗きスレでありませう。

99 :( ´∀`)さん:01/12/17 21:00 ID:sWEyUjOk
下がつていても問題なし。むしろ荒れを懸念してsage進行で
いくべきかと。age好きな方々、よろしく頼みますぞ。

100 :梨華おた ☆:01/12/18 14:36 ID:dAkPGyK3
      ▼\          /▼
       \ \      / /
        \  ~⌒~⌒⌒ \/
         (  /~⌒⌒⌒ヽ)
         ( /γノノノノ @ヽ
    |\   | |( | ∩  ∩|)|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     \ \ |从ゝ_▽_从 < 100ばんゲットだぜ♪
     / /  ヽ/   Y  \  \_____
    \ \  //|      |\.\
      \  ⊂c___.|___|   c⊃
       ●●   |_|_|_|_|_|
         ●______.|  | |
             |_ _ |__|
             |  |_ |__
             |ー' ) )
              ̄ ̄ ̄

101 :( ´∀`)さん:01/12/18 14:48 ID:NS4OcWBK
いよいよ寒くなって参りましたね。

102 :( ´∀`)さん:01/12/18 22:19 ID:6CYjDj/i
 未來には珍妙な服裝が流行すると思はれます。
享保・寛永時代の格好を我々がしないのと同じやうに
百年後の服裝は我々が想像しえないものでしょう。
 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ┃
   ∧_∧      。   ∧∧      ┃
   ( ´∀`)    ∬ ||   (゚Д゚,, )        ┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐ c「 y  >     ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________∧_________

 >>100はだういふ了見でこの擦れに來たのかのう…。
まあ、薄着で風邪もひくだらうから、暖まつていきなさい。
 しかし茂名男や、人閧はじめ、生物の身體の構造は
變はらない訳だがら、機能の面などで、やはり居心地が
いい物がそのまま維持され殘っていくのではあるまいか。

103 :( ´∀`)さん:01/12/19 09:36 ID:El3ruKw/
優しい先生にまたはり也

104 :( ´∀`)さん:01/12/20 00:17 ID:1K51xt6S
そろそろあげてはいかがでせう。

105 :( ´∀`)さん:01/12/20 02:10 ID:F/Ybv5TQ
さういへば、お前の友達の、ホラ、仁太君は最近どうしてゐる

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |             |
    ∧_∧ |―――――――〇:|
   ( ´∀`)|   ∧∧**** |
__< ! y  >|    (゚Д゚ )∧*** |
 _∧_/~~ ~ノJ   ∩ヽ/||⌒!つ* |
 |_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧    
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
彼は元気ですよ。この年末には京城の実家に帰省するとか。

106 :( ´∀`)さん:01/12/20 19:16 ID:83pnjRrR
保守 

107 :( ´∀`)さん:01/12/20 23:09 ID:feQXer4z
再度保守

108 :( ´∀`)さん:01/12/21 02:04 ID:xif1o0er
あげですナァ

∧ ∧
ミ ゚Д゚ミ∧
∩ヽ/||⌒!つ

109 :( ´∀`)さん:01/12/21 02:07 ID:zpiHHM6n
>>102 モード学園逝ってヨシ

110 :( ´∀`)さん:01/12/21 02:08 ID:zpiHHM6n
追加
外ズラどーでもいい  (ワラ

111 :あぼーんさん@マターリ中:01/12/21 19:28 ID:jnf4bef3
SAGE

112 :( ´∀`)さん:01/12/22 00:46 ID:lIG+6YA3
非常に良きスレなり、これは保守すべきと思うので書き込みした次第です

113 :霧露露:01/12/22 08:32 ID:/IdVeMmC

最近、寄席のほうはどうかな?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |             |
    ∧_∧ |―――――――〇:|
   ( ´∀`)|   ∧∧**** |
__< ! y  >|    (゚Д゚ )∧*** |
 _∧_/~~ ~ノJ   ∩ヽ/||⌒!つ* |
 |_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
最近、馬鹿に流行る寄席がありますよ、先生。

ギコ川一門之集い
http://piza2.2ch.net/test/read.cgi/mona/1005196989/

114 :( ´∀`)さん:01/12/22 12:28 ID:xg33eya4
保守

115 :( ´∀`)さん:01/12/22 19:06 ID:UFljaJ6o
保守     

116 :( ´∀`)さん:01/12/22 20:08 ID:iKjF5uXw
あげですナァ
∧ ∧
ミ ゚Д゚ミ∧
∩ヽ/||⌒!つ

117 :( ´∀`)さん:01/12/22 20:14 ID:GX7UMwR3
>>114-115の如くに最近保守的な人が増へてをるやうぢやな
   ∧∧
  ( ゚Д゚)
  く _|=|_ ゝ
  (_!つ_)

118 :( ´∀`)さん:01/12/22 20:36 ID:s3ZDGUsx
保守ageで御座候!

119 :擬古先生@同音異義語に惑わされる:01/12/23 01:50 ID:JZqSc6gJ
(今度の選擧は) ぬしは保守か?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |             |
    ∧_∧ |―――――――〇:|
   ( ´∀`)|   ∧∧**** |
__< ! y  >|    (゚Д゚ )∧*** |
 _∧_/~~ ~ノJ   ∩ヽ/||⌒!つ* |
 |_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(?・・野ボールの事?・・)
あっしはどちらかと言へば、捕手よりも投手がやりたいですね


黨首!? (政治家を目指しとるのか・・・・意外ぢやな)
なか/\大なる事を言ふのう・・・まあ頑張りなさい。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |             |
    ∧_∧ |―――――――〇:|
   ( ´∀`)|   ∧∧**** |
__< ! y  >|  Σ(゚Д゚ )∧*** |
 _∧_/~~ ~ノJ   ∩ヽ/||⌒!つ* |
 |_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・・・・・???
え・・えゝ、頑張ります

120 :( ´∀`)さん:01/12/23 03:45 ID:pprHbA82
擬古物語いいなぁ 好きですよ 続けてくださいね

121 :( ´∀`)さん:01/12/23 05:15 ID:FrDk2ZwA
>>119
(・∀・)スバラシイ!!

122 :( ´∀`)さん:01/12/23 14:28 ID:Ja7x+kO7
   ∧_∧ あ〜いむ でぃ〜みんおぅばぁ わ〜い くりすま〜す♪  
  (_´∀`)  ▼
  「  <V> _]つ┴
  ノ_ノ |ヽ_ゝ
  (__)_)

123 :( ´∀`)さん:01/12/23 22:25 ID:zmepGrvk
     ∧∧ うぃぜ〜ぶりぃ くりぃすま〜 か〜だぃら〜い♪
  ▼ (゚ー゚*)
  ┴⊂ーーiぅ
     ノ__ゝ
      UU

124 :( ´∀`)さん:01/12/23 22:39 ID:zmepGrvk
めいよ〜でぇい び めり〜えん ら〜〜い♪
      ☆
  ∧_∧ ヾ  ∧∧
 (__´∀`)▼▼(゚ー゚*)
 「  <V> ]っ-⊂ーーiぅ
 ノ_ノ |ヽ_ゝ   ノ__ゝ
 (__)_)     UU

125 :( ´∀`)さん:01/12/23 22:51 ID:zmepGrvk
 ゚   。       。         ○    。
        o      ゜

    o      。      ゜      。       ゚
えんめぃお〜よ〜 くりっ ませ〜び〜わ〜い♪
        
====∧_∧∧∧゜=ヽヽ        o       
 ||   (   *)  *) || ヽヽ  ○        ゚
 ||   「     _]っ,i) ||  ||\\
 ̄ ゚̄ ノ_λ_ゝ__ゝ ̄\||
    (_(__)UU     \||

126 :( ´∀`)さん:01/12/23 23:03 ID:zmepGrvk
  ∧_∧イヤーン ∧
 (∩・∀∩ (*゚Д゚)ムム…
 (_ノ <V>_ノ く _|=| >
 | | |   |"""|
 (__)_)   U U

127 :( ´∀`)さん:01/12/23 23:45 ID:6pzP7mok
メリィ・クリスマス也♪

128 :( ´∀`)さん:01/12/24 12:41 ID:wslX8Lql
先生、早大の学生が馴染みのカフェーで
カツレツを切って、丼に盛らせたとか・・・
 ―――ヽ――――――――――――――
       | |           |
    ∧_∧ |―― ∧∧ ― 〇|
   ( ´∀`)|    (゚Д゚,,)     |
__< ! y  >|    (ノつ|⌒|⌒|
 _∧_/~~ ~ノJ   (  ノつ)| ̄ ̄ ̄|
 |_| し| ̄ ̄
              ∧
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なんだか珍妙そうな食べ物じゃのう


(大正時代にこうしてカツ丼が生まれたとか)

129 :( ´∀`)さん:01/12/24 23:39 ID:hxmd4U0H
守保

130 :( ´∀`)さん:01/12/25 00:16 ID:6Mj68Epi
>>122-125
I'm dreaming of a white Christmas
With every Christmas card I write.
May your days be merry and bright.
And may all your Christmases be white
 ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /⌒\
    ○[ニニ]
   / ( ゚Д゚)ゝぅ
  /  <  y ノ
  |   |""""|
  ヽー U U

131 :( ´∀`)さん:01/12/25 05:06 ID:i+cI//id
全保

132 :( ´∀`)さん:01/12/25 06:36 ID:fLq8V7OR

                         ;;:: ;;  
 ""      ,,.      ."""",,.   ..,,;;:;;'''          
          ""    ""'     ,..::;;;;;. "" ::;      
    ''       ""          ''"":  ::;.     
                           ;;:: ;;  
          /ノ人ヽ    Λ Λ
         J(*゚ー゚)    (゚ω゚* )
           | ∪ソ⊃[]<.i...Y...i.> 
         ..ノ ))))   ,( ||   )     
'"''"''''""''"'"''"'"""'''"'''""'"""'''""'"'"'"'"'"'"''"''"''"'''"''
  ''''""''"'"''"'""  ''''""''"'" "'''"'''""'"""'''""'

聖なる夜は静かにすぎていく……

133 :( ´∀`)さん:01/12/25 12:06 ID:wfg64QWo
∧ ∧
( ゚Д゚)∧  サガリスギデスナ
∩ヽ/||⌒!つ

134 :( ´∀`)さん:01/12/25 15:50 ID:5kuh1zmh
**∧ ∧   >>128殿
( ゚Д゚)∧   カツ丼の発明には諸説有るやうですが早稲田説は有名ですな。
∩ヽ/||⌒!つ 一説には早稲田大学高等学院の生徒と言われております。



135 :( ´∀`)さん:01/12/25 22:11 ID:+ZXl7323
>>134殿
早稲田高等学院の学生であつた中西敬二郎なる
若者のしわざと聞き申したことがあります。

  ∧ ∧
  ( ゚Д゚) |!
  / y~|⊃
〜(_|⊃)

136 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:00 ID:jIaUYRNx
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        .||    ・・・・・・。   | 
  .___O||  ∧ ∧       |  締め切りが近い!頑張らねば!
  井 井 井 ||  ( ゚Д゚)    。o O 
   井 井 井||  ノ ヽ/□|]     \__________
  井 井 井 ||  ┳━━┳
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

137 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:01 ID:jIaUYRNx
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        .||    ・・・・・・。   | 
  .___O||  ∧ ∧       |  よし!完成だ!あとは渡すだけだ!
  井 井 井 ||  ( ゚Д゚)    。o O 
   井 井 井||  ノ ヽ/□|]     \__________
  井 井 井 ||  ┳━━┳
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

138 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:02 ID:jIaUYRNx
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        .||    ・・・・・・。   |  しかし作品を一つ完成させるとは
  .___O||  ∧ ∧       |  何と労力の要ることだろう・・・・
  井 井 井 ||  ( ゚Д゚)    。o O 眠くなってきたな・・・
   井 井 井||  ノ ヽ/□|]     \__________
  井 井 井 ||  ┳━━┳
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

139 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:03 ID:jIaUYRNx
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        .||    ・・・・・・。   | 
  .___O||  ∧ ∧       |  Zzzzzz・・・・・・
  井 井 井 ||  ( -Д-)    。o O 
   井 井 井||  ノ ヽ/□|]     \__________
  井 井 井 ||  ┳━━┳
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

140 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:05 ID:jIaUYRNx
       .| |        . |
_____| |______|

  御免下さい
___ _________ 
____∨    | |              ∧ ∧
 ∧∧    | |              (゚Д゚ )  ガバッ
 (,,゚Д゚)   .| |          □ 0⌒ y >
 |  つ  | |        [二二二] ====へ
 | |   | |        .|    │⊆ ̄ъ∂
 ..|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∪∪ |
 ______________∧______________

         何用ですか?人が太平楽に寝ている時に?

141 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:06 ID:jIaUYRNx
       .| |        . |
_____| |______|

  小生、私立探偵の明智擬古郎と申します。
___ _________ 
____∨    | |              ∧ ∧
 ∧∧    | |              (゚Д゚ )
 (,,゚Д゚)   .| |          □ 0⌒ y >
 |  つ  | |        [二二二] ====へ
 | |   | |        .|    │⊆ ̄ъ∂
 ..|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∪∪ |
 ______________∧______________

       私立探偵が何の用だ?この家には不審なものはないぞ!

142 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:08 ID:jIaUYRNx
       .| |        . |
_____| |______|

 実は最近東京を「怪人弐拾面相」なる賊が荒らしてゐるのです
___ _________ 
____∨    | |              ∧ ∧
 ∧∧    | |              (゚Д゚ )
 (,,゚Д゚)   .| |          □ 0⌒ y >
 |  つ  | |        [二二二] ====へ
 | |   | |        .|    │⊆ ̄ъ∂
 ..|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∪∪ |
 ______________∧______________

       ほほう、それは物騒な

143 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:10 ID:jIaUYRNx
       .| |        . |
_____| |______|

 といふわけで識見高い先生ならば何かご存知かと思って
 お伺いしたのであります。
___ _________ 
____∨    | |              ∧ ∧
 ∧∧    | |              (゚Д゚ )
 (,,゚Д゚)   .| |          □ 0⌒ y >
 |  つ  | |        [二二二] ====へ
 | |   | |        .|    │⊆ ̄ъ∂
 ..|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∪∪ |
 ______________∧______________

    それは光栄ですな。しかし私はその賊のことは何も知らんのですよ

144 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:13 ID:jIaUYRNx
       .| |        . |
_____| |______|

  さうですか。では何かありましたらご連絡ください。
___ _________ 
____∨    | |              ∧ ∧
 ∧∧    | |              (゚Д゚ )
 (,,゚Д゚)   .| |          □ 0⌒ y >
 |  つ  | |        [二二二] ====へ
 | |   | |        .|    │⊆ ̄ъ∂
 ..|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∪∪ |
 ______________∧______________

      承知しました。分かり次第明智事務所に連絡致します。

145 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:14 ID:jIaUYRNx
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        .||    ・・・・・・。   |  物騒な世の中であるな。
  .___O||  ∧ ∧       |  いや盗人にも三分の理といふ。
  井 井 井 ||  ( ゚Д゚)    。o O 弐拾面相にも理由があるやも・・・
   井 井 井||  ノ ヽ/□|]     \__________
  井 井 井 ||  ┳━━┳
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

146 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:15 ID:jIaUYRNx
       .| |        . |
_____| |______|

  失礼をば致します。
___ _________
____∨    | |              ∧ ∧
 ∧∧    | |              (゚Д゚ )
 (,,゚Д゚)   .| |          □ 0⌒ y >
 |  つ  | |        [二二二] ====へ
 | |   | |        .|    │⊆ ̄ъ∂
 ..|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∪∪ |
 ______________∧______________

       何じゃ!千客万来ぢゃなあ

147 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:17 ID:jIaUYRNx
       .| |        . |
_____| |______|

 小生、私立探偵の明智擬古郎と申します。
___ _________
____∨    | |              ∧ ∧  ?
 ∧∧    | |              (゚Д゚ )
 (,,゚Д゚)   .| |          □ 0⌒ y >
 |  つ  | |        [二二二] ====へ
 | |   | |        .|    │⊆ ̄ъ∂
 ..|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∪∪ |
 ______________∧______________

      はて?さっき貴殿は来られた筈では?

148 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:19 ID:jIaUYRNx
       .| |        . |
_____| |______|

 な?なんですと?私が先程此処に来たですと?
___ ____________
____∨    | |              ∧ ∧
  ∧∧    | |             (゚Д゚ )
(,゚Д゚)   .| |          □ 0⌒ y >
 |  つ  | |        [二二二] ====へ
 | |   | |        .|    │⊆ ̄ъ∂
 ..|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∪∪ |
 ______________∧______________

       何を云って居るのかね。近頃流行りのジサクジエンかね?

149 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:20 ID:jIaUYRNx
       .| |        . |
_____| |______|

 奴こそが怪人弐拾面相!ど、どこに行きました?
___ _________
____∨    | |              ∧ ∧
 ∧∧    | |              (゚Д゚ )
 (,,゚Д゚)   .| |          □ 0⌒ y >
 |  つ  | |        [二二二] ====へ
 | |   | |        .|    │⊆ ̄ъ∂
 ..|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∪∪ |
 ______________∧______________

       君の来た方角と反対の方角に歩いていったが・・・

150 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:23 ID:jIaUYRNx
       .| |        . |
_____| |______|

 有難う御座います!直ぐに奴を追います!
___ _________
____∨    | |              ∧ ∧
 _ピュー  | |              (゚Д゚ )
 __   .| |          □ 0⌒ y >
 ___  | |        [二二二] ====へ
 ___  | |        .|    │⊆ ̄ъ∂
 ..___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  __
 ______________∧______________

      なんぢゃなんぢゃ、慌しいのう

151 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:24 ID:jIaUYRNx
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        .||    ・・・・・・。   |  浜の真砂は尽きるとも・・・か。
  .___O||  ∧ ∧       | 盗人の尽きぬ限り探偵も尽きぬのかのう
  井 井 井 ||  ( ゚Д゚)    。o O   ん?
   井 井 井||  ノ ヽ/□|]     \__________
  井 井 井 ||  ┳━━┳
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

152 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:27 ID:jIaUYRNx
  原稿が盗まれた・・・
――v―――――――――――――――――――――

   ∧ ∧
  ( ;゚Д゚;)
  < ヽ⊂>
〜(_|⊃

153 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:29 ID:jIaUYRNx
                    |
あなた、厨房舍の浮雲さんが   |
ゐらっしゃってますよ。      /
______ ___/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         .V    │ か、帰って頂きなさい・・・・・・
     | |       │ 今日は具合が悪いので・・・
     | |       \______  _____
     | |            |     ∨
     | |            |   ∧ ∧
     | | /人丶       .|. .∫(゚Д゚ )
     | | ( *゚ー゚)       ≡ 旦ソ  |
     | | ( v。)       [二二\イ_|
     | |  (|  )       |    く ъ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |

154 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:30 ID:jIaUYRNx

     | |   |
     | |   | ヤア、だうもだうも。
     | |   | けふはいい天気ですなあ
     | |   \________ _____
     | |            |    ∨
     | |       / ̄ ̄ ̄ ̄\
     | |       │ ふうん。  |
     | |      ∠_______/
     | |  ∧_∧      .|   ∧ ∧
     | | ( ´_ゝ`)      .|. .  (゚Д゚;)
     | | (o.{胤} )      . .≡ 旦ソ  .|
     | | |■| | |       [二二\イ_|
     | | ( ̄.) ̄)      |    く ъ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |

155 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:30 ID:jIaUYRNx
     | |            |
     | |            |
     | |            |
     | |            |
     | |            |
     | |       / ̄ ̄ ̄ ̄\
     | |       │ 原稿は? |
     | |      ∠_______/ ァゥァゥァー
     | |  ∧_∧      .|   ∧ ∧
     | | ( ´_ゝ`)      .|. .  (゚Д゚;)
     | | (コ⊃口⊂)      . 旦ソ  |
     | |。| | |       [二二\イ_|
     | ■( ̄.) ̄)      |    く ъ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |

156 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:33 ID:jIaUYRNx
     | |            |
     | |            |
     | |            |
     | |            |
     | |        __ |______
     | |       /怪人弐拾面相に盗まれた?ふーん、落としたなら
     | |       │ せめてもっとマシな嘘を考えてくるんですね。
     | |      ∠___________
     | |  ∧_∧      .|   ∧ ∧
     | | ( ´_ゝ`)      .|. .  (゚Д゚;)
     | | (コ⊃口⊂)      . 旦ソ  |
     | |。| | |       [二二\イ_|
     | ■( ̄.) ̄)      |    く ъ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |

157 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:34 ID:jIaUYRNx

     | |            |
     | |            |
     | |            |
     | |            |
     | |            |
     | |            |
     | |            |
     | |       ペコリ     |
     | |  ミ ∧_∧       |   ∧ ∧
     | |   ´( ´_ゝ`)      |. .  (゚Д゚;)
     | | ( U 刈U       . 旦ソ  |
     | |。| | |□     [二二\イ_|
     | ■( ̄.) ̄)      |    く ъ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |

158 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:36 ID:jIaUYRNx
 オヤ、旦那樣今日はどうなさつたんで?
 またいつもの癇癪ですかい?
__ _________________
   ∨     .
       | |            |
    ∧_∧   /人ヽ       .| ……ウツダシノウ
   ( ;・∀・)  (゚д゚*)           ∧ ∧  ___
__< ! y  >  ( v。)       [二二(  #),ρ ∴∵
_∧_ /~~ ~ノJ  (   |)       |   /ヽ ̄|└───
|_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∧
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 いえ、原稿が出来上がらずじまいになっておしまいになられて・・・

159 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:37 ID:jIaUYRNx
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        .||    ・・・・・・。   | 
  .___O||  ∧ ∧  ガバッ! | ゆ、夢か!よかった・・・
  井 井 井 || ( ゚Д゚)    。o O
   井 井 井||  ノ ヽ/□|]     \__________
  井 井 井 ||  ┳━━┳
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

160 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:39 ID:jIaUYRNx
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        .||    ・・・・・・。   |  非道い夢を見たものだ
  .___O||  ∧ ∧       |  あんなことにはならぬやう戸締りを厳重に
  井 井 井 ||  ( ゚Д゚)    。o O せねばな・・・ん?
   井 井 井||  ノ ヽ/□|]     \__________
  井 井 井 ||  ┳━━┳
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

161 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:39 ID:jIaUYRNx
  原稿がない・・・
――v―――――――――――――――――――――

   ∧ ∧
  ( ;゚Д゚;)
  < ヽ⊂>
〜(_|⊃

162 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:43 ID:jIaUYRNx
現実の真相・・・

 あれあれ、折角来たのに先生はおやすみですよ。
 ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |             |
    ∧_∧ |―――――――〇:|    
   ( ´∀`)|   ∧∧**** |
__< ! y  >|   (-Д-)∧*** |
 _∧_/~~ ~ノJ   ∩ヽ/||⌒!つ* |
 |_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∧
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         Zzzzzz・・・・・・

163 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:44 ID:jIaUYRNx
 おや?これは先生の原稿・・・
 ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |             |
    ∧_∧ |―――――――〇:|   
   ( ´∀`)|   ∧∧**** |
__< ! y  >|   (-Д-)∧*** |
 _∧_/~~ ~ノJ   ∩ヽ/||⌒!つ* |
 |_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∧
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         Zzzzzz・・・・・・

164 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:45 ID:jIaUYRNx
 しやうがない、私が届けに行きましょうか
 ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |             |
    ∧_∧ |―――――――〇:|   
   ( ´∀`)|   ∧∧**** |
__< ! y  >|   (-Д-)∧*** |
 _∧_/~~ ~ノJ   ∩ヽ/||⌒!つ* |
 |_| し| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∧
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         Zzzzzz・・・・・・

165 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:46 ID:jIaUYRNx
一方、そんなことは知らぬ擬古先生は

  原稿がない、わしの魂を入れた原稿が怪人弐拾面相に・・・
――v―――――――――――――――――――――

   ∧ ∧
  ( ;゚Д゚;)
  < ヽ⊂>
〜(_|⊃

166 :枕流 ◆FiRniTeg :01/12/25 23:47 ID:jIaUYRNx
コピペ改造だけで作ってみましたが如何なものか

167 :( ´∀`)さん:01/12/25 23:51 ID:INlm4+Sn
いやあ、夢か現か幻か・・・不可思議な話でございますのう。
∧ ∧
ミ ゚Д゚ミ∧
∩ヽ/||⌒!つ

168 :Free座 ◆oeEJXuxc :01/12/25 23:52 ID:ovGZjJMw
>>166
(・∀・)イイ!!

169 :( ´∀`)さん:01/12/26 00:20 ID:l1qPFqBP
┌────────────┐
│   ∧∧      こ 夢 .う .|
│   ( ーДー)∧   そ    .つ |
│   ∩ヽyノ||⌒!つ ま 夜 .し |
│ 漆         こ の 世 |
│ 点           と  夢 は .|
└────────────┘

170 :バコバコ ◆5i4D4uDI :01/12/26 01:08 ID:aoJ34BDh
>>136-166

イヤハヤ、力作、感服致しましたぞ。

∧ ∧
ミ ゚Д゚ミ∧
∩ヽ/||⌒!つ

171 :( ´∀`)さん:01/12/26 01:42 ID:1RHbADdi
          |     |/(-_-)\|
          |     |   ∩∩   |
          |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        (-_-) ムカシノハナシオモシロイ
        (∩∩)────────────────
      /
    /
  /

172 :( °Д°):01/12/26 01:45 ID:kOq1H0tc

                                                          軒
                                                     餅
                                 ││                           下
                                 ||                      を
                                 ││                   猫        に
                                 ││                      狙
                                 ││                   の
                                 ││                      ふ
         {三二}                ││                   か
    Λ_Λ //      Λ Λ         ││                      や
   ( ´∀`)//      (゚Д゚ )      ┏━━┷┷━━━━━━━━━━━   げ
   <  ]つ ]つ  ..__⊂「⊂「 >    ┗━┯┯━━━━━━━━━━━━
   *◎""""|  {;;;;;;;;;;;;;;;;} |````|__┏   ││::::::::::::::::::Λ Λ::::::::::::::::::::::::::::::::::
    (__)_)  {;;;;;;;;;;;;;;;;} ∪∪\_/     ││:::::::::(°Д° )___::::::::::::::::
                               ││:::::::::::::::::::::::::(____)::::::::::::
                          (__):::::::::::::::::::::::::UU:::::::UU:::::::::::::::

173 :( ´∀`)さん:01/12/26 20:08 ID:Nxxqy/8z

  先生、そろ/\ 「逝国」に続く長編読切小説を
  書かれたらいかゞでせう                                       

 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ドクシャノタメニモ・・・          ┃
   ∧_∧      。   ∧∧      ┃
   ( ´∀`)    ∬ ||   (゚Д゚,, )        ┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐ c「 y  >     ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________∧_________

 フム、そうぢゃのう。
 廢れ行く華族の世界を描く、雅、たおやびの小説を考へてゐるのだが。
 表題は「細逝(さゝめゆき)」。
 これなんかはどうぢゃろう、茂名夫君。


  「細逝」とはいゝ表題ぢやないですか。

  其れにしても雅の世界とは。
  先生もつひに耽美派の一派の仲間入りですね。

 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        ┃
   ∧_∧      。   ∧∧      ┃
   ( ´∀`)    ∬ ||   (゚Д゚,, )        ┃〇──‐
  < ______y__ > ┌──┐ c「 y  >     ┃###
  し|__)_)  (::::::::::::::::) ( /つ )     ┃###
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________∧_________

 うむ。人氣にあぐらをかゝず 、
 常に新しい境地に挑むのも小説家としての使命だと思つてな。

174 :173:01/12/26 20:10 ID:Nxxqy/8z
嗚嗟、切れて了へり。
申し譯御座無候。

175 :( ´∀`)さん:01/12/27 00:52 ID:nTuSOWk/
擬古先生は亦在主義を継承・発展されて、
今度は新境地を開拓なさるようで。
イヤハヤ楽しみですな。

∧ ∧
ミ ゚Д゚ミ∧
∩ヽ/||⌒!つ

176 :( ´∀`)さん:01/12/28 00:10 ID:456W9Ttk
安芸

177 :( ´∀`)さん:01/12/29 08:33 ID:6SkiWurZ
皆様何時も愉しませて頂いております。依って保守

91 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)