2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シルクスクリーンの価値

1 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/16 00:44
賢明なる皆さん教えてください。
美術には疎い友人が4年前に画廊から約80万円のシルクスクリーン
を購入しました。(まあ本人気に入って購入したみたいですが)
最近お金に困って売却を考えたんですが、なんと「4万円前後」と言
われたそうです。頼まれてインターネットで鑑定してもらったのです
が、これは価値が下がったのか、元からこの値段なのか・・・
すいません。私も知識がないのですが、教えてください。

2 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/16 03:32
ゼルビス

3 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/16 06:01
シルクスクリーンで80万円ってのは滅多にないぞ。
(実績のある版画家のものでもそんなにしない。
ウォーホルが生きてたとき、ようやくそれぐらいだった)
誰の作品なん?
そういう情報を載せてないというところをみると
よほどのトーシロだなあ。

4 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :01/10/16 06:13
引っかかってしまったのですねえ。可愛そうに。
新進の欧米の無名画家でも、値段を作られるから注意しましょう。

5 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/16 06:28
まさか、ヤマガタとかラッセンじゃないだろうな。
もしそうだったら最悪だなあ。画商がいい汁すったんだよ。
勉強不足にしては高い授業料だ。

6 :毒☆キノコ:01/10/16 08:02
美術には疎い友人→本人

7 :1:01/10/16 08:18
やっぱり引っかかったんですかね。
作者はジョン・アルフォーグって言う人です。
友達になんて告げればいいのやら。
知識のない人にとっては詐欺みたいな物ですね。

8 :N:01/10/16 10:27
「ジョン・アルフォーグ」ってYahooで検索してみました。
天野喜孝、クリスチャン・ラッセン、カーク・レイナート、ヒロ・ヤマガタとかといっしょにヒットするあたり商業絵画なんだろうなって感じですね。

ちなみにジョン・アルフォーグの販売価格はだいたい以下の通りらしいです。(笑)
http://www.e-believe.co.jp/kekka/sakka5.htm

>1
作品名わかりますか?
作品名がわかれば、販売価格がはっきりわかると思うのですが…。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/16 11:39
>>8
落札価格とありますが、あの金額に上乗せして業者は売るのでしょうか?
このホームページのほかのところが見れなかったので、
参考のため教えてください。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/16 12:16
鷺まがい商法にひっかかた人の購入価格。
業者価格(原価)は数十分の一。

11 :N:01/10/16 13:49
>9
当方、関係者ではないので詳細に関してはご想像ください。
先ほどのHP(ビリイブ)のTOPページはここです。
http://www.e-believe.co.jp/index.html
>1
上記のHP(ビリイブ)は商業絵画の価値を理解しているようなので、ここで査定(無料)してもらってはいかがですか?

12 ::01/10/16 15:41
>>11
ありがとうございます。でも、やっぱり、白紙。
私のPCではみれないみたいです。
ほかのから見てみます。
査定してもらうのはコワイ。
でも、いいの、そこそこ気に入ってるから。
(もう、すでに、自分にいい訳ムード)

13 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/16 17:27
あら?>>12=9さんは>>1さん?(W

14 :元販社の人間:01/10/17 00:05
じょんあるふぉーぐなんか一円の価値もないね。
値段つけてくれるだけでも感謝しないと。
「気に逝ってる」と自分に納得してるようではダメです。
だって80万円が4万円だよ。また違うところで騙されちゃうよ。
騙してた立場にいたことがあるから助言するけど、自分に言い訳できる人間は
絶好のカモになりやすい。「言い訳する」=「自分の信念がない」=「洗脳されやすい」
業者のトークのひとつの手法として、「客の立場に立って言い訳を一緒に考える」
というのがありました。いろんなNOが客から来るのですが、(応酬話法といってました)
自分に対する言い訳と他人に対する言い訳を作り上げ、納得させるのです。
あなたは詐欺にあったという現実を受け入れたくない人間と見ました。(私の勝手な解釈ですが、、)
もっと販社に対する怒りを持って対処してください。

私はもう詐欺営業はしたくない、、、、、

15 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :01/10/17 00:18
>>1
これで、もう懲りたでしょうから。本人も気に入っているのだしね。
ただし、これ以上コレクションをする気になるなら、美術雑誌などでの勉強をしてからにしましょう。
高い勉強料でしたね。

16 :素人です:01/10/17 02:12
純粋な疑問です。
江戸時代の浮世絵って芸術的価値無いの?
当時は相当安かったって聞いたことあるけど、
現在は結構高いけど、骨董的価値だけで高いの?
今のシルクなんかの版画は、昔で言う浮世絵とどう違うの?
現代の版画も200年、300年経ったら美術品として価値が出るのかな?

17 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/17 03:14
>シルクスクリーンの価値

雑魚をたくさん買うよりも、ウーフォール、一枚持ってたほうが確実。

18 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/17 03:50
なんなのよ
ウーフォールって

19 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/17 04:25
納得して買っといて詐欺も糞もないが。

20 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/17 09:49
シルクスクリーンでなくても、同じ版画の棟方志功や池田満寿夫は価値ないの?

21 ::01/10/17 10:04
>>13
私、1さんとは、違います。1さんのお友達でもありません。

>>14
「気に逝ってる」と自分に納得してるようではダメです。
とおっしゃいますが、だから、私は、1さんのお友達ではないので。
私のは、きたのじゅんこ でね、80万もしないけど。
気に入ったので、1回払いしました。
(寝室にかけてあるけど、見なれちゃったので“そこそこ好き”に格下げ!)
その後は、いくらすすめられても、
同じ人の作品でも、気に入らないのばかりだから、断ってます。
まあ、確かに、10分の1以下だと
がっかりするけど、そういうのって、
洋服や化粧品もおんなじだから。
ただ、もっと安く買えたのかしら?とは、ちらっと思います。

1さんのお友達は、気に入ったのなのに、売ろうとしているのですね?
ほかに売るものないのかしら?
その後、どうしたのでしょうね。

でも、ああいうの売るひとたちって、あの手、この手で
言い寄ってきますよね。
この間、
“そんなにいいものなら、どんどん売れるでしょうし
 もっと気に入ってる方たちにすすめればいいじゃないですか、
 そんなに言われちゃうと、売れない絵みたいですよ。”
って、わらいながら、ちゃかして、また来ますよって
逃げてきちゃった。

(スミマセン!スレからかなりそれました。)

22 :じk:01/10/17 16:09
>>16
浮世絵は江戸時代の視覚メディアを背負ってましたから、
色々な種類、引いては、多様な側面をもっています。
芸術的価値ですが、僕は充分に備えていると思います。
送り手(作家)については、確かに、作品の外枠は版元の指示が
大きかったことは事実ですが、
そういったある種の規制をを超え、表現の探究心や、革新性は、
有名絵師であればあるほど、作品を通して理解できます。
受け手(鑑賞側)についてですが、印象派の例をあげるまでもなく、
芸術的作品として深く認知され、オマージュした作品はよく見かけます。
そういったことを踏まえると、浮世絵の作品は全てとはいいませんが、
芸術的価値も含んだ作品も数多くあるといえると思います。
けどそれ以上に、前にも述べましたが
浮世絵には多種多様な側面があり、資料的価値や、
彫り、摺りの極限の精巧な技術、
もちろん骨董的価値など、複合的に楽しめるところが
浮世絵の圧倒的存在感だと思います。
シルクの件ですが、仮に浮世絵ほど完成度の高い作品で、
送り手、受け手が成熟したものだったとしても、
後者の面で弱く、200年、300年経ったとしても、
浮世絵と同等の価値観は得る事は出来ないでしょう。

23 : :01/10/17 16:17
>22
なるほど〜。

24 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :01/10/17 16:32
>>22
というかね、シルクも作家別なわけなんですよ。
二三百年先の芸術年鑑に載っているような画家の作であれば、それはもう高価なものでしょう?
レンブラント・ピカソなど現在のオリジナル版画が高価でしょ。
それと同じですよ。淘汰されて残った画家の作だけ値がつく、残りは残念ながら紙切れとなる。
そんなものでしょ?

25 :じk:01/10/17 16:43
>>24

だから、浮世絵はいまの絵画とは異なって
その時代の風俗そのものが描かれている資料的価値の点。
あと、摺り師と彫り師の技術力ね。
いまでも、摺り師と彫り師はいるけど、これだけは段違い。
江戸時代の身分制は一概にいいとはいわないけど。
こういったものが複合した浮世絵とシルクを単純に比較するのが
間違いってゆーこと。

26 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :01/10/17 17:11
>>25
たんなる、文化的資料となれば、芸術とは無縁なんだよ。
浮世絵でも作家によって、価格差が激しいのも凄いね。1枚数百万の浮世絵があるらしいしね。

27 :2ちゃんコテハン名鑑:01/10/17 17:12
ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ
種類:美術軍事目,購入科,自慢種
生息地;軍事板,美術板
好物;鶴田一郎,スタジオジブリ,ナチスドイツ
特徴;美術版では絵の売買に関するスレに多く出没。
通常は、素人を相手に自身の知識・経験・コレクションについて薀蓄をたれる。他人から攻撃されるとやや興奮しやすく,相手をすぐに「厨房」呼ばわりする.
からかいやすい性格のため偽者多数。

28 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/17 17:14
>>26

だから複合ってわざわざかいてあるでしょ。
シルクより浮世絵のが複合性があるから
単純比較できないってゆーこと

29 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/17 17:45
ヴァカじゃねぇの?
シルクが100年も持つわけねぇだろ!

30 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/17 19:04
>29
ビバンのセールストーク、真に受けてるんじゃない

31 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :01/10/17 20:18
>>29
オフセット印刷であるまいし、お馬鹿?
シルクスクリーンは、絵画用インクを何層にも渡って厚めに吹いているんだよ。
俺のリャドも10年たつけど色落ちの兆候など無いしね。
それは直射日光に毎日浴びせたら話は別だけどさあ・・・
そんな馬鹿はいないだろうね。

32 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/17 21:05
>>31
リャドってもしかして「現代のモネ」(プ)とかいうアホな宣伝文句
で売り出してるイカサマ師のことですか?

33 :29:01/10/17 22:59
>>31
誰が10年って書いたよ。
おまえ数字も読めねぇのかよDQN

>シルクスクリーンは、絵画用インクを何層にも渡って厚めに吹いているんだよ。

だから表面に亀裂が入ったり剥がれ落ちたりすんるだろ。

>それは直射日光に毎日浴びせたら話は別だけどさあ・・・
>そんな馬鹿はいないだろうね。

まともな作家ならちゃんと自分で直射日光あてて確認してる事も
知らないんだねぇ(ワラ
あっ!ベンゼンはそんな作家の知り合いなんていないか(ワラワラ

版画の耐久性はリトで約100年シルクは約50年。
そんな初歩の初歩的な知識も無いのに偉そうなこと(プププ

34 :1です。:01/10/17 23:19
昨日、友人に会って、結果を報告しました。
やはりショックを受けてましたね。
ショックを受けてる本人を目の前にすると、さすがに「高い授業料だったね」
とは言えなかったですねぇ・・・
気に入っているけど、どうしても金銭的に困っているみたいです。
他に考えてみると言ってましたが。
「買ったばかりの車が事故で廃車になって、それでもローンを払うかんじ・・・」
と例えてましたが。知識の無かった人が悪いと言われても、80万って・・・・
同情してしまいます・・・

35 :     :01/10/18 06:15
>34
事故です。車が事故るのと同様、絵を買ったのも事故です。
2つの事故は事実ですから、素直に受け止めましょう。
しかし、車が廃車になってローンがバカらしいから絵で補填しようという発想は
「人生なめてるよ、」といわれてもしょうがないでしょ。
それに80万円の買い物して、車のローン組んで、事故して、金がない、、、これは試練だよ。
販社に怒りは持つべきだと思うけど、それ以前に、計画性のない自分に怒りをもちなさい。
車に乗ったらリスクがあることなんて常識。それすら計算できない人間は運転する資格無し。
まあ、友人らしいけど、同情したら本人の為によくないから、笑ってあげましょう。
どっかの美術館でも行って心を清めてらっしゃい。

36 :       :01/10/18 06:16
>35に追加
「シルクスクリーンの価値」を質問する前に友人の価値を見直すべき。

37 :       :01/10/18 07:01
>35>36
よく読んだら「かんじ、、、」といってましたね。
前文削除です。ごめんなさい。もう出入りしません。

38 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 07:13
いいじゃないか80万ぐらい。
これぐらいの学費使っても芸大受からない親不孝もんもいれば、
美大に行っても、なーんにもものにならないバカヤローが
圧倒的多数なんだから。ちなみにオレも。

39 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 13:41
よくわからんが、絵画の価値=金額としてとらえているところが
ダメだと思う。ま、インテリア絵画は芸術じゃないが。

40 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 13:48
もともと商品の価値は、それをほしいという人がいるから付くもんだろ?
ゴミのようなもんでも、ほしいひとがいれば「いくら」で譲るということになる。
80万払って、なおかつ気に入っているなら、なにも問題ないぞそれは。

41 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 14:16
ヒロヤマガタを非難する自称芸術論者が多いけど、
芸術論に全く興味なく、書きたい絵を自由に書いている
ヤマガタ本人の方が、芸術に対して余程純粋で素敵です。
悪いのは、ヤマガタの絵を売る連中のやり方。

42 :ごもっとも:01/10/18 15:08
>41
そのとおり!

43 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 16:12
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hole/

44 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 16:33
>>43
あ〜びっくりした!

45 :ヤマガタは好きではないですが:01/10/18 17:28
>41
ヤマガタを芸術じゃないと言う方多いですよね。確かにそうかもしれない。
しかし、評価の高い超有名画家の絵の中で、専門家からすれば素晴らしいのかもしれないが、
「俺にも描けそう」と思えるような、素人には理解しがたい絵には、
はっきり言って感動はないです(本当は凄い絵なんでしょうけど)。
でもヤマガタの絵は、一見して、少なくとも素人には、「色が綺麗」「楽しそう」
「夢がある」などの単純な感動があり大変分かりやすい。
それ以上のものは無いかもしれないが、それがあるだけでも充分だと思います。
そういう意味で、美術の専門知識が無い人にも、素直に感動を与えられる彼の絵を評価します。
見る者に何らかの感動を与えられたら、それは少なくともその人にとっては芸術でしょう。
ポスターだの漫画だのと批評されても、素人が絵を身近に感じ、油彩のような重々しさが無く、
気軽に絵と向き合えるようになった、彼の功績はある程度認めるべきと思います。
これがヤマガタの絵の本質だと思います。しかし、ヤマガタの絵を取り扱う業者の悪評が、
何故かヤマガタ本人の悪評となり(まあ、それだけではないでしょうけど)、
全く芸術性が無いとする考えにまで至るのは、少し飛躍しすぎではないでしょうか。
まあ、良いと言う方がいれば、悪いと評価する方がいるから面白いのですが・・・。

46 :sage:01/10/18 18:19
>>45
>しかし、ヤマガタの絵を取り扱う業者の悪評が、
>何故かヤマガタ本人の悪評となり(まあ、それだけではないでしょうけど)、
>全く芸術性が無いとする考えにまで至るのは、少し飛躍しすぎではないでしょうか。

逆です。
芸術性の低いものを、すばらしい芸術品として高額で売りつける業者が
悪評をかっているのです。

ヤマガタの絵を2、3万円で売っているのなら、悪評がたったりはしません。

47 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 18:23
>46
だから、45の言う通りじゃないの?
おたく、日本語ワカリマスカ?

48 :H:01/10/18 18:39
http://members.tripod.co.jp/dreamcat/index.html

49 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 18:43
>>46
要するに、ヤマガタの絵に芸術性は無いが、罪も無いって事だよ。

50 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 19:03
芸術性のない絵を描くやつの評判が悪くても当然だと思うがな。

51 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 19:41
ヤマガタってそんなに芸術性ないの。
生きてる当時は、全く評価されなくて、全く絵が売れなかったが、
現在は、一作品何億もする美術史に名を残す某画家なんかどうなのよ。
生きてるときは、芸術性が認められなかったんでしょ。
結局、芸術性の評価なんて、時代とともに変わって行くし、美術界は権威主義だから、
大御所が、良いって言えば、それまでコケにされてきた画家でも、
みんなが評価しだすっていうのが常識でしょ。
ここでヤマガタを批判している連中は、権威主義の塊で、みんなが芸術性無いって言ってるから
一緒になってガヤガヤ言ってるだけじゃないの?ただの憂さ晴らしにしか見えんな。
池田満寿夫なんて、芸大何度も落ちて結局入れず、美術界の入り口にも立たせてもらえなかった。
いわゆるセンスゼロの落ちこぼれとされた。それがどうよ、あの評価の変わり様は。

52 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 19:46
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact14/

53 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 19:54
>>51
ナルホド。
値段と世間の評価で、芸術性が決まるんだ。
芸術性って、何だかよく分かんなかった。


54 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 20:09
>>41
>悪いのは、ヤマガタの絵を売る連中のやり方。

ヤマガタは業者から金をもらっていて、自分の絵が幾らで売られているのかも、
知っているんじゃないの?
だとしたら、全く無罪という訳にはいかないと思うけど。

もっとも、ヤマガタ本人が妥当な値段だと思っていたら、罪悪感など生じないでしょうが。

55 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 21:30
>>41
ヤマガタが悪徳業者に作品を卸さなければ、それで問題は解決すると思うけど。

56 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 23:06
>>45
ヤマガタの育てた業者に、悪評がたったのだと思ってました。

57 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :01/10/18 23:56
山形はどうしてもインテリア・アートに分類されてしまうから仕方ないでしょう。
山形、ラッセンと来ればビバンの影を感じますね。
好きな人はいいと思いますよ。山形も初期作品はそれなりの価格がついているようですしね。
ただ、山形をゴッホと並べて例えてはゴッホに失礼。
俺は山形よりも、マックナイトが好きですが。

58 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/19 04:30
ヤマガタのサンセットパリは原画が2億・・

59 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/19 09:34
80万は痛いかもしれないけど
1さんの友達はその絵が気に入らないのでしょうか?
気に入ってるのなら、いくらだっていいのにね。
金銭的価値のないものは、きらいになるのでしょうか?
売ること考えて絵とか買っちゃうの?そうじゃないよね。

60 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/19 10:12
結局、問題はその友達が、お金に困っているということかな。

61 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/19 10:23
>>60
そうね。
でも、大事にすればいいのに。
私は個人的には、絵などを、財産にしようという考えはないので。
もちろん売ることなんて考えない。
ずっと手元においておきたい。
いくらだっていいのにね。
元気だして、その絵でも眺めればいいのにねぇ。

62 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/19 12:05
>59 >61
そうだよね、だから何十万円もする絵が数万円にしかならないから、芸術的価値が無いって
言うような発言は、絵を財産として見ている証拠だよ。
そんなやつに芸術性がどうこうなんて語って欲しくない。

63 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/19 12:47
そんなこといってるとまた騙されるYO!

64 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/19 13:43
>>55
自分の絵を、高く評価してくれる顧客を発掘する優良業者に作品を卸すのは、当然。
作品の価値も分からず、安くたたき売る業者に作品を渡さないのも、あたりまえ。

65 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/19 17:54
>>33
>版画の耐久性はリトで約100年シルクは約50年。

本当?
手元に百年ぐらい前のリトグラフがあるんですけど...。

66 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/19 20:19
ここで話題になってるような作品はみんな物理的な耐久性よりも
どうせ評価の方が先に褪せるから、心配する必要まったく無し。

67 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/19 20:31
>>66
you are right.

68 :1です。:01/10/20 01:34
>>62さん
別に芸術的価値がどうのとは語っていないですよ。
私だったら絵に80万もかけようとは思わないし。
ただ、私の友人は本当にその絵を気に入ってますよ。でも例えば自分の
会社が潰れそうな時って、気に入っているけどどうしても手放さなければ
いけない時ってありますよね。で、その時に自分が価値があると思っている
ものの評価が低かったらショックを受けないですかね?別に将来財産に
なると思って買っている訳ではないと思いますよ。
将来財産になると思って買うとしたら、下調べをしてから買うと思いま
すけどね。

69 :ぷろ:01/10/20 02:35
>シルクスクリーンの価値
>版画の耐久性はリトで約100年シルクは約50年。

版画の耐久性は紙の質によって大きく変わります。
本当のアーチストなら高級な中性紙を使用しているはずです。
レオナルドのデッサンでさえ何百年も持っていますので
数百年は持つでしょう。

ヤマガタ等の商業イラスト版画及びインテリア絵画の価値
価値なし。銭をどぶに捨てるのと一緒です。

公的な美術館に入っているものは、厳格な審査に通ったのですから
作者が亡くなって管理がしっかりしてれば高騰が望めるでしょう。

ピカソ、マチス、日本で言えば棟方志功、近代ならウォーフォール、
リキテンシュタイン等は堅いでしょう。
ちゃんと直筆のサイン、刷った数を確認しましょう。

70 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/20 08:26
つか、絵画のわかる人から見たらクズ絵かもしんないけど、
1さんのお友だちさん と同じ趣味の人に売ればどうかな。
版画も枚数に限りはあるから、入手困難なものだったら、高く買ってくれるカモ。

71 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :01/10/20 13:34
>>69
いい子と言うね。

72 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/20 16:06
>>69
ぷろのくせに「はず」って何よ。
描かれたデッサンと刷られた版画を比べるのはそもそもおかしい。
版画は使ってる顔料と保存方法によって違うが普通の人が家で
保管した場合は大体>>33が書いてるくらいだよ。
UVカットしてあっても額に入れて鱈もっと短いかも。

力点はポスター扱いされたものが多いんでピン跡やテープ跡があって
まともなものはほとんど残っとらんよ。
ついでにウォーフォールじゃなくてウォーホルね。

73 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :01/10/20 18:27
>>72
洋紙はフランスのアルシュ紙とか、和紙などにもよく摺られていますね。
しかし、浮世絵を考えると、リトグラフは間違いなく保存方法では数百年は持つよね。
あの池田満寿夫も、レンブラントのオリジナル版画をテレビで公開していたしな。彼曰く、ヨーロッパ中の画廊を探し回って手に入れたと、嬉しそうに語っていました。
やはり、価値感はなしでも楽しめればいいと私も思いますね。

74 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/22 09:40
>>68
やっぱりお友達には、大事にとっておいてもらったら?
価値のことはもういいじゃないですか。
でも、いつか、そのお友達がなにかで有名になって
あのとき手放さずにずっと、大事にしてきた、大好きな絵です
なんて、紹介したら、また、違った意味で価値がでますよ。

75 :確信はないが・・・:01/10/22 11:17
>72
「ついでにウォーフォールじゃなくてウォーホルね。」って自信ありげに答えているけど
発音するとたぶん、ウォーフォールのほうが近いと思う。

76 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/23 15:25
????

77 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/24 04:58
井上長三朗がさ長谷川三郎の絵の鑑定しててさ画商が「先生これは真作でしょうか?
ってもってくると手みやげにカステラ持ってきたやつに真ってかいたらしいよ
たしかに価値なんて生きてるだれかが適当にきめてくれたらいいし山形さんも
その悪徳(?)業者からいくらもらっているかわからんけど
そんなん絵以外やったらシャネルグッチってだけで、適正かどうかわからない
金額払い年に数度クローゼットからだす人はいっぱいいますね。
商品となりはてた自らの排せつ物を恥ずかし気もなく流通させる人はたくさん
いるので山形+ビンなんとかっていう画商さんは無罪でしょう。
まぁ誇大広告誇大セールストークでジャロ?に訴えたら問題解決でしょう

78 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/24 10:20
>77
読みずらいよ。。。

79 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/29 13:44
あげ

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)