2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

写真表現について語って。

1 :茶目男:01/10/03 16:31
色々な写真作家がいますが、この人は最高だと思う作家、陳腐な作品だと思う作家、
なんでも良いので、書きこんでください。

2 :a:01/10/03 17:31
写真史の近代以前では、
スーデック、ドワノー、キャパ。
愛すべき写真家たち。
作品がどうこうというより人生そのものが写真。

近代以降では、
ティルマンズが桁外れにスゴイす。
あんなにスルドク世界を切り取れる
人って今までいたろうか。
情緒っつうのがまったき写ってない。
抽象表現に逃げない。
怖いくらいす。

それからピアソンも好き。

3 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/04 00:35
あ、カメ板に写真のスレ立てたけど誰ものってこなかったなあ・・・。
やっぱこっちの方が安心できますね。
長野陽一写真展「シマノホホエミ東京アイランド」はなかなか良いぞ。
多摩美絵画科出身だけあって?よくありがちなワカモノ写真とは一線を画した作品でした。
イメージの統一感、メッセージ性の強さなどに造形力が感じられます。
コニカプラザ新宿にて、10/11まで開催。

4 :かおりん祭り ◆IidAAeuI :01/10/04 02:06
\(^▽^)/<新スレおめでとうございまーす♪

5 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/05 23:56
大森克己ってなにげに凄いヤツだとおもふ

6 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/08 00:03
今、今だよ!NHKで、写真の番組やってるよ!
NHKアーカイブスで、篠山と百恵の N特!
とりあえず、見れ〜!

7 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/09 20:47
>>2 抽象表現に逃げない。
???
ティルマンズ、この頃、ものすごく抽象的なレイヨグラフとか、
とかやってるよ。

8 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/09 21:01
>>1
杉本博司 氏の「海景」は、見るに値するでしょう?
どう思いますか?

9 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/10 21:12
ウジェーヌ・アッジェの写真は、画家のための資料として撮られた。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/11 01:52
>>8
コンセプトわかればそれでいいって感じ。
見るに値するほどのものでもないような

11 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/11 02:56
決定的瞬間の人の名前ど忘れ。。誰だっケ?

12 :8:01/10/11 06:03
>>10
そうやって、ビシッと言われると、何か、ハッとしました。
精度のとても高いプリントを作る作家ですが、10さんのおっしゃる通り、
コンセプトの部分については、驚くほどの高まりは無い作品なのかもしれません。
書き込んだかいがありました。

13 :2:01/10/11 12:28
>>8
表現不適切でした。
写真家と被写体との関係が明らかになっている
と言いたかったす。ライフ・イズ・アートってか。
それからテイストや情緒を使わない。なんでも撮る。
....なんかヒロミックスに似てるな。

ものすごく抽象的なレイヨグラフ、
とかやってんですか。 知りませんでした。
ところで、レイヨグラフって何ですか?

14 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/12 01:30
ティルマンズのいいところは、
リアリティとかいわれているけど、
ボクとしては、ちょっとしたズレにあると思う。
空間的(構図、アングル)、時間的(タイミング)にもね。
あと、決して、イケイケの気分でとっているわけではない、
ちゃんと、細部まで計算し尽くしている。
セットアップもしてるし、ライティングもしっかりしている。
そうは、見せないようにしてるけど・・・。

15 :写真屋:01/10/12 04:25
>>8
杉本氏が小柳で出してたポートレートを御覧になった階?
ロウ人形の。横浜でも一部見れるが。
たいして面白いとは思わんな。
確かに彼は海と空のシリーズはよいよ。
直島に瀬戸内海をバックに水平線を合わせて、展示してるのを見たんだけど、かなり気持ちよい空間で良かった。
あ、来週ヨーテボリ行くぞ。

16 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/14 19:14
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/camera/1002727706/l50
よければこちらも!

17 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/15 02:11
>>11
アンリ・カルティエ・ブレッソン?

18 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/15 04:34
あの〜浅井慎平(だったかな?名前忘れた)
テレビ出てて文化人らしき人。
どうなの?

19 :茶目男:01/10/15 15:33
鈴木清の作品は最高だと思います。哲学的な思考と、断片的な視覚の融解。
見る人間は多くの疑問符を抱え込まざるおえない。独特な道を歩まれた人だと思います。
他には、ウイリアムクラインです。写真の既成概念を容易く打ち破ったスタイルは圧巻です。
杉本博司の海景は好きです。シアターシリーズも面白い。
気になる人としては金村修です。あの人の抱く写真思想も面白いです。
荒木によって確立された私写真が主流になっている今、そういう写真にベタベタと
まとわりつく人間の感情をスッパリ否定した姿勢には、ただただ尊敬の念しか浮かびません。

20 : :01/10/15 22:36
LEWIZ BALTZの新作いいっすね

21 :3:01/10/16 01:16
>>16
カメ板の人達って写真に興味ないみたいだから、こっちで一緒にマターリしましょうよ。

今日行ってきた写真展

◆大西みつぐ「NEWCOAST3・鳥類園にて」◆
雑草に覆われた雑然とした空き地を、雑然としたスナップで撮影。
何気ない場所だけど、なぜかここが気持ちよい、ここに行ってみたい気にさせる。
人物はいっさい登場せず、ときどき草間からバッタやカマキリ、カニなどが顔をのぞかせる
静かな写真。
同一の被写体を、少しだけアングルを変えて連続撮影した写真を織り交ぜるなど、
視覚体験を再現するための、実験的要素も盛り込まれている。

10月18日まで開催中
ギャラリーCRADLE
TEL045-226-5226
横浜市中区山下町204ストロングビル3F

22 :3:01/10/16 03:09
>>茶目男さん

あ、金村修いいですね。
暴力的、ワイルドな都会の質感、メタリックな質感のモノクロプリント。
なんか、作者の名前通り?金属のイメージのする写真だと思うんですよね(藁。
個々の写真はもとより、写真集としての完成度の高さも魅力です。

>>4の大西みつぐの写真は、今月の「日本カメラ」のグラビアに写真が載ってます。
この人も、非アラーキー的スナップの写真家として気になるのです。

23 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/16 20:53
細江英公

24 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/17 08:56
今日行ってきた写真展

◆糸崎公朗「60倍の惑星」◆
身長3センチ、1/60のスタートレックの人形を路上に置いて撮って写真。
周りの全てが60倍に拡大された、不思議な世界が体験できる。
作者の糸崎は、雑誌「散歩の達人」連載の「フォトモ」で知る人ぞ知る、異色アーティスト。
この人はもしかしたら天才かも・・・

10月22日まで開催中
10;30am-7;00pm(最終日3;00pm) 
新宿コニカプラザ 東ギャラリー
新宿駅東口 新宿高野ビル4F
TEL( 03)3225-5001
http://www.konica.co.jp/amuseum/konicaplaza/east.html

25 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/17 09:02
今日行ってきた写真展

◆糸崎公朗「60倍の惑星」◆
身長3センチ、1/60のスタートレックの人形を路上に置いて撮って写真。
周りの全てが60倍に拡大された、不思議な世界が体験できる。
作者の糸崎は、雑誌「散歩の達人」連載の「フォトモ」で知る人ぞ知る、異色アーティスト。
この人はもしかしたら天才かも・・・

10月22日まで開催中
10;30am-7;00pm(最終日3;00pm) 
新宿コニカプラザ 東ギャラリー
新宿駅東口 新宿高野ビル4F
TEL( 03)3225-5001
http://www.konica.co.jp/amuseum/konicaplaza/east.html

26 :↑すまんまちがえた:01/10/17 09:06
↑すまんまちがえた・・・

27 :茶目男:01/10/18 22:39
少し古い話しになるのですが、牛腸茂雄の作品をどう思うでしょうか?まったく違う写真になるのですが
ウィリアムクラインの写真はどうでしょう?
大西みつぐの写真を好きならば、春日昌明の作品は好きですか?>>3

28 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 23:11
わたしにとって写真とは、やはりロバート・フランク以降〜ダイアン・アーバスのニュードキュメンタリー
が特別です!
あと、クラインやエスルケンなども好きですが…。

29 :vv:01/10/19 10:29
ロバート・フランク。
エグルストンとかショアといったニューカラー派を
生み出した系譜も捨てがたい。

僕は後でロバート・フランクを知ったのですが、
見た途端すべての謎が解けたというか、
あ〜、みんなロバートの子どもたちだったんだね
と思いました。

エルスケンが末期癌で最後を迎える直前の
ドキュメンタリーもすごかたね。

30 :3:01/10/19 23:17
牛腸茂雄は割と好きです。(映画見てないけど)視線が低いところがイイです。
牛腸(という特殊な人物を)をみつめる人の視線も独特です。
春日昌明は、すいません、知らないです。実はそんなに写真に詳しくないので。
これからいろいろ勉強しようと思っていますが。
ぼくは散歩とか路上観察的なモノが好きなので、そういう感じの写真が好きです。
牛腸もその範囲に引っかかります(人物も良いけど背景も良いんです)。
エルスケン「ニッポンだった」も良かった。
友達が>>24の展覧会に行ったら、ちょうど糸崎公朗と大西みつぐが話をしてる最中だったそうで。
何だか話が弾んでいたそうです。

31 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/24 15:58
>>29
>エルスケンが末期癌で最後を迎える直前の
>ドキュメンタリーもすごかたね。

これってなんでしょう?映画ですか?
そういう写真集があるんでしょうか?


32 :vv:01/10/24 17:44
>>31
NHKテレビで見たと思うけど、製作は海外だったかも。
ずいぶん前のころだから、うろおぼえなんだけど、
エルスケンが自分がガンだってわかったときから自分で
自分に向けてビデオカメラを回すような番組だった。
ほとんど家から一歩も出られなくなんだけど、
世界が小さくなる代わりに濃密になるんだって言ってた。
表現者としての生き様にすごく感動たよ。

33 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/24 18:51
ロバ−トフランク大好きです。
でもあの人後年写真から足を洗ってしまって、映画?に行ったね。

ビルブラント好きな人いない?

34 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/24 20:07
http://www.sex-jp.net/dh/01/

35 :31:01/10/26 01:38
>>32
ありがとうございます。
検索とかしてみたんだけどわかりませんでした。
んーー、、観たいなあ。

ロバートフランクは僕も大道とかの後で知りました。
というか大道ですら、アレブレボケな手法(のみ)が
広告などに広く使われるようになったその後で知ったので
はじめはこの人がその元祖なのかあ、
あれ、プロヴォーク?ロバートフランク?ウイリアムクライン?ニューヨーク?
という感じで完全に遡ってるようです。
今も勉強中というか、全然わかってないんですが。

36 :w=l'ecriture :01/10/31 08:26
ファ板に出没するコテハンなのですが偶然通りかかり写真について書いてあったので
参考までにお楽しみ頂けると思われる作家を上げておきます。

ベッヒャーシューレ(学派・派閥)と呼ばれている
ベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻が教鞭をとった教え子達

トーマス・ルフ、カンディダ・ヘーファー、トーマス・シュトゥルート
イェルク・ザッセ、アンドレアス・グルスキー、ハイナー・シリング

また間接的なり影響を受けていると思われる

アレックス・フット、ウォルター・ニーダーマイヤー

独立して

ウォルフガング・ティルマンズ、ダグ・エイケン

が評価されているように思えます。

日本では

ホンマ・タカシ、金村修、やなぎみわ(?)

マイナーどこでは

木村友紀、安村崇、岩崎マミ、清野賀子、横溝静、松江泰治、オノデラユキ、磯田智子

といったところでしょうか。
(若い未熟者なので20代前半の趣向に寄ったセレクトになっています)

37 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/31 15:19
ベッヒャ―はバウハウスの人?

38 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/31 18:48
>36
ここ2、3年ずっとベッヒャー・シューレ・ブームだな。
日本の作家もかなりベッヒャー・シューレの影響が見うけられるし。
でも、そろそろこのブームも終焉するだろう。
次は、どんなストリームがくるだろうか?

39 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/31 20:56
>が評価されているように思えます。

一体、誰が評価しているというのだろうね?
「思えます」っていうのがミソなのかな?

そのメカニズムに関してはなにも知らないんだよね。>36
シアワセな人だな。(藁

40 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/31 23:08
飯沢耕太郎が絵本を出版したそうな。

絵心のある人の写真評論って、なんか説得力ありそう。
なんて思うんだけど。

41 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/01 14:05
>39
ティルマンズを「評価されている」というのは違和感あるね。
「売れている」「人気がある」「流行っている」がしっくりくる。
グルスキーは「評価されている(MOMAに)」がしっくりくる。
>40
飯沢耕太郎ってやなやつとずーと思てた。
生で会ったら、謙虚でいい奴だったので驚いた。

42 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/01 20:20
>>39,41
ティルマンズ評価されてるんじゃないの。
ターナー賞も受賞してたし。
写真集も売れてるみたいだし。
まー、評価されていようがいまいが俺は好き。
へたうまだし、ベッヒャー・シューレのような
画面上の細密さはないから、
から賛否両論わかれるんだろうけど、
誰にも真似できそうで真似できない
ティルマンズ独特のモノを感じるぞ。
確かに>36の書き方にも問題はあるな。
いかにもスタジオ・ボイスの写真集特集を
かじって書いたような感じだ。

43 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/02 01:28
キミもね。

44 :42:01/11/02 01:48
>43
えへへ。バレたか。

45 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/02 02:01
>>19
20年以上前のはなし。
鈴木清の写真を古本のカメラ毎日で見つけてから、写真集「流れの歌」が欲しくて堪らなくなり
あちこち調べまわって、写真家のアパートをなんとか教えてもらうことができた。
恐る々々電話すると、奥さんらしき方がでられて、家に残ってたものを送ってもらえました。
図々しいにも程があったけど、今でも宝物になってます。

最近日本で巡回展をやった古谷誠一の写真集
ヨーロッパで出版された最初の写真集には、奥さんの自殺直後、ホテルの部屋の窓から
奥さんの遺体とその周りに集まってくる人を写して36枚のベタで、見開き2ページが組み込まれていた。
あのときは、さすがに買う気はしなかった。
去年出た、集大成のような写真集は良かったよ。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/08 23:04
なんか、ここ放置気味?

関係ないけど、私この人の写真は何となく好き。
http://home.catv.ne.jp/ff/masao/zukan/index.html
プロって書いてあるけど、ホントに仕事してるのかな?
雑誌とかで名前見たこと無いヨ。

47 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/09 14:04
写真のとり方やいろいろのこと教えてくれる写真塾見つけました。ちょっと覗いてみて
http://www.tees.ne.jp/~h-torii/index.html

48 :sage:01/11/24 07:35
sage

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)